140818 SKE新チームE「手をつなぎながら」公演入場の感想(山田澪花生誕、熊崎晴香初日)

(感想は少しずつ更新。)

2014年8月18日(月) 開演:18:30~
「手をつなぎながら」公演 山田澪花生誕祭 チームE
SKE48劇場公演8回目 SKE48専用劇場4回目
生誕祭公演初入場 新チームE公演は5/2(初日)以来2回目の入場
ビンゴ抽選13巡目入場 8列目上手寄りからの感想

【出演メンバー】
磯原杏華・市野成美・岩永亞美・梅本まどか・加藤るみ・木本花音・
熊崎晴香・小石公美子・小林亜実・斉藤真木子・酒井萌衣・
佐藤すみれ・柴田阿弥・福士奈央・松井玲奈・山田澪花

不在 須田亜香里、谷真理佳、髙寺沙菜

【全体曲ポジション】 S — KⅡ — 4 — 新E初日 — 8/18

松井珠 - 向田  ― 西野  ― 松井玲
松井玲 — 高柳  ― 岡田奈 ― 木本
高井  — 松本  ― 小嶋  ― 柴田
矢神  — 石田  ― 篠崎  ― 須田  ― 加藤る
大矢  — 古川  ― 村山  ― 佐藤す
森   — 佐藤聖 ― 北澤  ― 小林
高田  — 若林  ― 岩立  ― 小石  ― 熊崎
桑原  — 斉藤  ― 相笠  ― 岩永
中西  — 山田澪 ― 梅田  ― 磯原
新海  — 井口  ― 前田  ― 加藤る ― 山田澪
山下  — 内山  ― 岡田彩 ― 斉藤
松下  — 赤枝  ― 高島  ― 谷   ― 福士
平田  — 加藤智 ― 内山奈 ― 市野
出口  — 鬼頭  ― 峯岸  ― 梅本
平松  — 小木曽 ― 橋本  ― 大脇
小野  — 佐藤実 ― 茂木  ― 酒井

【セットリスト】
■影アナ (山田澪花)

◆M00.overture
◆M01.僕らの風
◆M02.マンゴー No.2 (タイトルコール:熊崎晴香)
◆M03.手をつなぎながら
◆M04.チャイムはLOVE SONG

■MC (自己紹介)
1列目:磯原杏華・木本花音・松井玲奈・加藤るみ・市野成美
2列目:斉藤真木子・柴田阿弥・酒井萌衣・岩永亞美・熊崎晴香・梅本まどか
3列目:福士奈央・小石公美子・小林亜実・佐藤すみれ・山田澪花

◆M05.Glory days (木本花音・市野成美・加藤るみ)
(BD:山田樹奈・青木詩織・井田玲音名・鎌田菜月・佐々木柚香・荻野利沙)
◆M06.この胸のバーコード (松井玲奈・酒井萌衣・磯原杏華)
◆M07.ウィンブルドンへ連れて行って (熊崎晴香(黄)・柴田阿弥(ピンク)・岩永亞美(青))
◆M08.雨のピアニスト (梅本まどか・小林亜実・斉藤真木子)
◆M09.チョコの行方 (小石公美子・佐藤すみれ・福士奈央・山田澪花)

■MC (小石公美子・佐藤すみれ・福士奈央・山田澪花)

◆M10.Innocence (メイン歌:柴田阿弥・木本花音・岩永亞美)
◆M11.ロマンスロケット
◆M12.恋の傾向と対策

■MC
◆前半:
小林亜実・加藤るみ・佐藤すみれ・斉藤真木子・磯原杏華・岩永亞美・柴田阿弥・酒井萌衣
◆後半:
山田澪花・市野成美・熊崎晴香・梅本まどか・木本花音・小石公美子・松井玲奈・福士奈央

◆M13.大好き

--アンコール--
生誕委員の女の子による口上 「れいか」コール

◆EN01.ロープの友情
◆EN02.火曜日の夜、水曜日の朝

■2分半VTR

■山田澪花生誕祭
手紙は岩永亞美さんが読む。書いたのは水埜帆乃香さん。



◆EN03.不器用太陽
◆EN04.遠くにいても

ーーーーーー




れいかつんのポジションって固定ではないから、
歌パートのはじめかられいかコールするのはむずかしい。
コールしているうちにどんどん援軍が集まってくる感じ。
声援に気づいて澪花さんの笑顔がいっそう華やぐ。そんな瞬間がすてきです

山田澪花さんの生誕祭なので、推し感のあるTシャツは着ないで
しばたさん推しサイリウムのみのスタイルにしてみましたが、
…皆さんけっこう着て来るもんなんですね。

ずっとずっと劇場公演を干され続けた私には初体験。
まだ入れていない方もたくさんいるはずなのに
運良く2回目のチームE手つな。前回下手だったので上手を選び、
つとめて全体を楽しむことを心がけていました。
それでもいちばん好きな動きをするのが阿弥ちゃんなわけですから
どうしたってしばたさんにいちばんフォーカスしてしまう。
まわりを見ようと意識しているくらいでちょうどいいんです。

熊崎晴香さんの初日公演ということもトピックスのひとつ。
どこまで戻せているかな…?というのが見どころだったと思うのですが
初日から飛ばしてましたね!動きに表情があり、バリエーションも豊か。
一歩歩くと、もう新しい動きと表情をしているんです。
これは見ていて飽きません。初日でこれですもの。今後も楽しみです。

福士奈央さんが「くまどん」熊崎晴香さんとのコンビを
熊崎さん不在の頃から推していたのですが、やっと劇場で見られました。
どんちゃんは当初あまりに酷かったので厳しい目線で見ていましたが、
そもそもSKEが好きすぎるメンバーでもあるし
ステージを重ねるごとに動きもこなれてきて、今では好印象。
自分なりの味つけをパフォーマンスに載せはじめています。
ちょっとみんなと違うんです。
マンゴーNo.2であんなに挑戦的な表情とか見たことがありません。
そもそも異様に「どん」にこだわるとか、とても個性的な子ですよね。
自分なりのスタイルを強烈に押し出しているから合わないと違和感が強い。
セルフプロデュースがうまくなっていくと一気に人気でそうな気がします。

自己紹介では、とにかく市野成美さんが突き抜けておもしろかった
「NYC」というシャツ着た人つかまえてスゴイこと言いだした

まとめろぐっ!さんに公演MCがまとめられています
【公演MC】なるちゃん。ヤバい。キュート。

そして、ずーっと言いたかったこと。
酒井萌衣さんに「めいめい可愛いよー!」を叫ぶ。
…阿弥ちゃーん!叫んだ直後だったのですが(^_^;)
逆上がり公演のころ、都築里佳さんがめいめいにずっと言ってました。
それを劇場で聴くことは叶わなかっただけに、
いつかそれを自分でできたらと思っていたのです。
めいめいに反応してもらえた(気がした)ので、嬉しかったな。

Glory daysはずっと加藤るみさんばっかり見てました。
はじめて劇場公演に入った時から、困ったときは加藤るみさん。
落ち着くんです。手足の伸ばし方、曲げ方とか。
劇場公演のお手本がそこにあるような気がするのです。
加藤るみセンターで「あー、るみちゃんかわいい!」が言いたいです私は。

この胸のバーコードは、 玲奈さんと磯原杏華さんの
ハイレベルな戦いが見ものなのでLサイを…おぉ?
酒井萌衣さんの新しいユニットは、どうやらこの胸のバーコード!
もう、めいめいばっかり見てました。
落ちサビ前のソロパートでの表現が見事すぎてゾクゾクしました。

熊崎晴香さんのユニットは、ウィンブルドン黄色だった。
ウィンブルドンはしばたさんが安定って感じで突き抜けてないから、
ハマり役の岩永亞美さんがいい勝負をしている構図の印象。
パフォーマンスでは三つどもえの見ごたえあるステージがこれから
期待できそうだけど、熊崎晴香さんのコールって
「くまちゃん」「はるか」どっちなんだろ?…なんかどっちつかずでした。
公演の夜に更新された
黄色の代役を務めていた小石公美子さんのブログ、よかったですね。
小石ちゃんはなんだか似合わない気がしていたのですが、抜擢だったこと
出来に関して酷い言われようだったこと
自分ではほとんど言わないけれど、阿弥ちゃんが
厳しくも後輩をあたたかな眼差しで見つめ、教えていること。

この日の柴田阿弥さんは、よかったと思います。…でも突き抜けてなかった
DMMで見ている以上の新しい発見は、なかったかなあって。
「もっと推されてもよくない?…どうして」
そう考えたって、ちっとも思い上がりなんかじゃないと思う。
ファンの皆さんがいればだいじょうぶ。
そう言ってはいても、できればみんなに推されたい。もちろん運営さんにも。
ファンの負担の重さがいつまでも軽くならないという悔しさ。
ここまでやっても、光はわたしに差さないの?
…なんども思い悩み、そのたび力強く立ち上がり続けてきた。
きっとこのグループにいる限り、そうしていかないといけない。
推されることはないし、なによりついているファンはそんな姿に惹かれている。
もう少しでも推されるなら、
別のことに努力が振り向けられるのに。
それは決して手抜きなんかじゃないのに。

…わたしの他にも、コールの大きい
阿弥ちゃん推しとおぼしき方が複数いらっしゃいました。
ちょっと悪目立ちなコールをされる方がいて、気になりました。
推しの出演する公演で、いいパフォーマンスを見せてくれる。
最高にタカまる瞬間だろうとは思いますが…
主役が山田澪花さんの公演ということを考えないようなコールが気になりました
全体曲ラスト、れいかコールのあとで目立つ「阿弥ちゃぁーーんっ」
一度でなく何度も、であったからあえて苦言を書いています。
阿弥ちゃんの足を引っ張るような応援になってやしませんか?


チョコの行方でれいかコール多めで、
そのあと後半曲ではずっとれいかコール多めの雰囲気になってきました。

アンコール。
9列目上手側に座っていた生誕委員とおぼしき女の子が、
おそらく普段それほど声を張り上げたりしなさそうな華奢な子が口上。
口上のはじめはこの日初日の熊崎晴香さんのことにも触れ配慮しつつも
懸命に、推しの生誕祭成功を願う言葉に心打たれました。

生誕祭では、実は大学に行かない!というウソをついていたこと
東京の大学に実は通っているということが明かされました
染み付いてしまった勉強キャラから脱却したい。
だいすきな劇場公演でのパフォーマンスをもっと見てほしい
そんな気持ちでついた、嘘
…直後、披露された新曲「不器用太陽」
誰よりも、山田澪花さんこそが不器用太陽だ。そう感じずにおれませんでした。
関連記事

良い公演見れてよかったです(*^^)v

この日の柴田は動きが重かったですね。
後半は徐々によくなったなって感じはしましたが。


全体的に見ても疲れが残ってるなって感じしました。

しかしなぜわざわざこの日に変更になったかよくわかりませんね。

2014.08.20 10:27 ラブリーナ #- URL[EDIT]
気になること

もう一回コメントしますね。


横浜、京都の握手会での感想。

そのファンについてなんですが
界隈の人たちの悪目立ちぶりが今回は
酷いです。


レーンのなかで大騒ぎしてみたり。
徒党を組んで鍵閉め間際に何十人もの
人数で突入したり。


新規のファンがつかめない理由の一つに
なってると思います。

今たまに一緒に回ってる人も最初は行きづらかった
とはっきり言ってました。


他のレーンから悪い評判が立ってるのも聞いてます。
ファンも変わらなきゃ行けない時に界隈が
足を引っ張る。


自分も目立っちゃってるからあんまり人の事
言えないですがその自分が見ても目に余るものが
ありますね。

これ結構深刻な問題だと思ってます。

2014.08.25 14:07 ラブリーナ #- URL[EDIT]
ありがとうございます

ラブリーナさんコメントありがとうございます!
遅くなってごめんなさい。

突き抜けてはいませんでしたね、阿弥ちゃん。
それと
本文に書いた悪目立ちな阿弥ちゃんコールの方
おそらく界隈の方です。
しばらく握手会にいけてないのでレーンの状況は見ていませんが、
あの感じなら…足を引っ張りやしないか不安です
想像以上に深刻だと思ってます。

2014.09.05 07:28 おどぱ! #NTI3Nb4o URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する