やっと。映画「gift」見てきました

まあ、SKEファンならと思い映画館に向かっていた月曜日
ほかの映画に浮気←
火曜日、ほかの映画をまた見る。
やっとの金曜日、ほかのアイドル現場から回しました(笑えません)

1903619.jpg
↑クリックで映画公式サイトに飛びます


雑感です。


女優ではなく、アイドルが本業だから
演技そのものは、もっと巧い女優さんなんていっぱいいるんだろう。
でも、松井玲奈さんは山根沙織という役を、精いっぱいに生きた。
それが確かだから、松井玲奈(SKE48/乃木坂46)という括弧書きが余計にも思えるほどだった。
でもこの括弧書きがあるから松井玲奈すごいじゃん、って思ってもらえるはず。
遠藤さんの見事な演技に支えられているのは間違いないと思う。
演出も、安っぽさなどなく映画の空気感がすごく心地よかったです。


アイドルの映画って、なぜかホラーが多いのがすごくすごくすごく嫌で。
かわいい子がきゃあーって叫ぶのがいいと思われているのかわかんないですけど、

ここで触れたいのが加藤るみさんと鉄平さんのブブカでの対談「タイメン!」
映画を良く見る加藤るみさん、ダメなジャンルはホラーだそうで
「楽しくないし自分のためにならない。」
「だって、怖いだけじゃないですか!自分に吸収できるものがない」
この言葉にすごく共感できたんです。
そういうジャンルにアイドルがよく出演しているって、なんかバカにされているようで。


だから、しっかりと作りこまれた映画の中で松井玲奈さんが役者として生きていたことが
とても嬉しかったです。

ぜひ、映画館で観られることをお勧めします。

Bs0ujmWCAAAYr05.jpg
関連記事

管理者にだけ表示を許可する