3年経ちました。海だけはかわらない。

去年の4月
この眼でおもいでの場所を確認したくて宮城県東松島市に行ってきました。

5年半ほど前
ふと思い立って仙台に行き、牛タンに舌鼓
翌朝レンタカーを借りて、松島じゃ普通過ぎるよねって
カーナビに表示されていた「奥松島」へ。
ガイドブックなんかよりずっとすてきな松島でした。

とにかくお金かかりまくったけど、楽しい旅でリフレッシュ!できました。
929017544_216.jpg

震災の2年前の夏でした。
ーーーーーー

人口4万人の街で
1000人以上が亡くなり
11000棟の住宅が全半壊。
おもいでの風景が粉々になってしまった

その現実を目の前にすると…絶句
根こそぎ、ない。
集落があったはずなのに、更地状態
美しい松林が、まるで荒れ野に変わり果てた

とてもカメラなんて構えられなかった
ということで、Googleの写真やストリートビューを使います。

11141025.jpg

左へ行くと、海。まっすぐ進むと、少し下って民宿街がありました。
…消滅していました。ぽつぽつと家を再び建てていたりするものの、
更地どころか基礎はそのままで、ただガレキを撤去しただけの、どこまでも殺風景
11142108.jpg

津波は根こそぎ奪う
さらに原発の問題があって、
上っ面の復興すら、始まってもいないんだ

振り返れば、荒れ野原
振り返れば、たくさんの仮設住宅
それでも海だけは変わらない。
3年前のあの日、すべて吞み込んだことなどまるでなかったかのように。

11140251.jpg


できるだけ早い
上っ面だけでない復興を願っています。
関連記事

昨年、思い出せる君たちへ逆上がり公演を見たあと、被災地を見て来ました。


陸前高田から南に下って仙台まで。
綺麗な海と振り返ったら何もない平地。南三陸の防災対策庁舎。
打ち上げられた船と、延々と続く家屋の基礎部分。
言葉を失うってこういう感じなのかなと。



広島なので、原爆の悲惨さはよく知ってるんですよ。
ただ人が引き起こす戦争や原爆と自然が起こす天災は根っこの部分が違うというか……。
完全に防ぐことが出来ないなと感じました。


復興・減災の徹底、語り継ぐことが必要だと感じました。


本当の笑顔って難しいかも知れませんが、被災地の皆さんが少しでも笑顔になれる時間が長いことを祈ります。

2014.03.11 21:35 あせい #- URL[EDIT]
ありがとうございます

あせいさん
コメントありがとうございます。

わたしは東松島市、石巻市、女川町を見てきました。
女川町では高台の医療センターで一休み
16メートルの高さなのに
入口に頭の上の高さに「津波がここまできました」とあって
見おろすと、そこに生活があった痕跡がなにも残らない港まわり
自然の前では、ただ無力ですね

原発事故を受けて、地震のあとの4月
広島を訪れました。
平和公園に手向けられた花のたもとに
「ノーモアヒロシマ、ノーモアナガサキ、ノーモアフクシマ」
と書かれていたメッセージが忘れられません。

復興とはいっても、
過疎に苦しむ限界集落同然の漁業の跡取りがいない町
を取り戻してどうするんだ、というような話をきくと
何が正解なのか、いまいちわからなくなります…

できるだけ本当のことを知ること
忘れないこと。それが大事なのかな、と思います

2014.03.17 21:12 おどぱ! #NTI3Nb4o URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

東松島市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。