素敵じゃないか。『陽だまりの彼女』

ゆかぴとるみも観に行ったみたいですね。
ーーーーーー
山下ゆかり
一般公開で共有しました - 2013/10/12

加藤さん家のるーちゃんと映画見てきた~♡

「陽だまりの彼女」という映画。

るーちゃん、「もう話の結果してるからなぁ…」と最初はあまり乗る気じゃなかったみたいなんですけど、
最終的にるーちゃんが誰よりも泣いてました。(笑)


加藤るみ
一般公開で共有しました - 2013/10/12

ゆかりと陽だまりの彼女観てきました♡


あのーー

きゅんきゅんするシーンで

ちゃちゃ入れてくる山下ゆかりなんなんヾ( `Д´ )ノ!(笑)

ーーーーーー

映画のチケットをもらったので、久しぶりの映画館

お出かけの趣味はずっと変わらないけれど、
SKEにどっぷり、の前は文庫本の小説ブームがありました。
今は小説を読むような時間がみんなブログに注がれています…
恋愛小説って読みやすくて、ココロ揺り動かされます。

本屋さんは、ブックファーストがだいすき
ほかの本屋さんではあんまり買おうと思わない。
『陽だまりの彼女』も、ブックファーストの平台で新刊を買いました
2204153.jpg

…読みなおした小説って、初めてかも
キャラクターがたまらなく魅力的で、可愛くていとおしい
ミステリー要素に加え、とってもファンタジー
なんだかどんどん増刷されてて、いつしか
「男子に読ませたい恋愛小説No.1」みたいなオビも付いてた
そして、映画化。
上野樹里さんは、ヒロインの真緒にピッタリすぎる。

そして、読むと音楽を聴きたくなる小説。
ザ・ビーチ・ボーイズの『Wouldn't It Be Nice(素敵じゃないか)』


この曲が、陽だまりの彼女にはなくてはならないものです。
曲も小説も映画も、とても素敵でおすすめできますよ。
でも小説を読んでいると、映画のはじめからとにかく切なくなっちゃうかも。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する