【演劇】楽園!を観劇

2012.217 19時30分〜
工藤俊作プロデュース プロジェクトKUTO-10
第12回公演「楽園!」
こまばアゴラ劇場(駒場東大前)

楽園!というタイトルの
芝居を見る。
やはり、「楽園」を意識してしまう。

駒場東大前。
はじめて降りました。
東大と、住宅街。…以上。みたいな街。
劇場は商店街っぽい住宅街のなかに。
外階段を上がると、即劇場。

楽園を目指すOLとセールスマン。
らくえんに連れてって欲しくて
正体不明のおいちゃんの下に居候するOL。
セールスからっきし、楽園にがっつくセールスマン。
セールスマンの車で移動を始めるが、
怪しげな組織の人々やら
これまた怪しげな組織と決別したい二人やらからむ。
そしてたどり着いた場所には
OLの元カレが
セールスマンの元ツレが…。

「楽園」と聴いて連想するものは、
たいていゼイタクなもの。
なくても生きて行けるけど、あったらすごく幸せ。
なんでもないような日常も幸せに思えたら、
この世は誰もが楽園になるじゃないか。
そんなことをおもいました。

劇場を出たら雪。
雪の降る街を歩くこととか、
渋谷から2駅なのにひっそりした
東大の敷地を歩くこととか、
いちいち小さく幸せに思える帰り道でした。
ENIMAGE1329472613191_convert.jpg
関連記事

管理者にだけ表示を許可する