強がり時計のMVを観て、SKE第二章を思う

じゃんけんシングルのカップリング、強がり時計
MVだけ観てみました。

曲は、今までにない切れ味のあるような…新たな一面を見せてくれています。
MVは驚いたことに、北原里英が1サビずっとアップです
ここまでするからには、SKEでがっつりやってくれなきゃ許さない。

シングルにすべきだろと思うほど、できた曲だと思います。
もしかすると、この曲は第二章のティザー的役割なのかもしれません。

SKE第二章。
次のシングル煽りVTRにそう書かれていました。
選抜ボーダーメンバー推しとしては
メンバーの大幅入れ替えを願ってしまうところですが、
今までSKE48のシングルって、恋愛が少しづつ進展してきたんですよね…

『強き者よ』少女は立ち上がる
『青空片想い』気づいてくれなくてもいい大好きの気持ち
『ごめんね、summer』夏の太陽にあやまりたいくらい君が好き
『1!2!3!4!ヨロシク!』ビートにあわせて、告白のタイミング
『バンザイVenus』声をかけようか、素通りしようか あたって砕けろ片想い
『パレオはエメラルド』(一緒に海に来て)世界中でいちばんキレイだ
『オキドキ』へこんだりしても、愛があればオキドキ!
『片想いFinally』好きなんだ君が好きなんだ 告白しようかFinally
『アイシテラブル!』まとまりきらないこの気持ち…アイシテル+アイラブユー
『キスだって左利き』気づいちゃった、左利きの彼は、キスだって…

…もう、ベッタベタのラブラブです。
これ以上進展させると
”ピーがピーしてピーしちゃうよ!”になりかねません
(↑にししがラジオで言ってました。1+1=2じゃないよ公開録音のサブタイトル案として)

第二章は、まったく別のテーマで紡がれていくのか?
強がり時計の存在を考えると、恋の辛さ、悲しみ、うまくいかなさ方面に
ふれてしまうのかも…なんて考えてしまいました
まあ、うれしいたのしい大好き(ドリカムか)な曲のほうが聴いていい気分になれますので
そちら多めが希望ですけれどね。どうなりますことやら

カッテな妄想、お付き合いいただきありがとうございます。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する