平田璃香子さん最終公演DMM雑感

201210251909_24297.jpg
DMMさんの宣伝がうますぎる。なんていい瞬間なのだろう

まさかのDMM3時間。
AKBも最近2980円に値下げしたけれど、ついていけるのは
ほんとうに劇場公演が好きな人だけのような気がします。

セットリストは同じかもしれないけれど、
同じ公演はひとつとしてない。
平田璃香子さん最終公演は、一つ一つの公演を積み重ねたからこその
泣いて、笑って。それでいていつも通り、これからも変わらず続いていくような。
そんな気持ちにさせられる、想いがつまった公演でした。

研究生公演ではパッとした印象のなかった藤本美月が
チームSメンバーに負けじと輝いていた。
この公演をステージ上で体感してしまったら、
直後の研究生公演は複雑な感情でパフォーマンスせざるを得なかったのかも。

鬼頭桃菜は研究生時代からそのチームに合わせていくようなスタイルに見えたけど
チームSに所属して、やっぱりすんなり溶けていた。
それどころか、お姫様キャラはすでに相当主張されている。

菅なな子が真ん中に入って、初々しい万華鏡。
円熟味すら感じるレギュラーメンバーに新鮮な刺激。
柔らかな振りになんなんのバネある動きがプラス。新たな見どころ。
新加入の二人、チームSに心地よい変化を与える予感がした。

…珠理奈をこの節目に出られなくさせたのは誰だ。
最近AKBの新曲「UZA」を歌番組で見るたび安定感のない
揃わないステージになんともいえない気分になる。
ダンスが上手いわけでもなく人気先行、推されメンバー先行。
さらに姉妹グループ2名づつ加わる。
ろくに合わせることもできないはずなのに最高難度のダンス、無理がありすぎる。
AKBの曲はAKB48のメンバーだけが歌うべき。
姉妹グループ全員を握手会で東京に集結させるとか、
"お姉さん"のためになぜそこまでしなきゃいけないの?
キングレコードの売上をなぜエイベックスやよしもとの人が支えるの?
AKB単体でもそれなりな売上になるでしょうに、
黒幕はキングかAKSか秋元康か電通かまあよくわかりませんが、
あなた方の甘い汁のためにまたきょうもアイドルがぼろぼろに使い捨てられる。

そんなむちゃくちゃな新曲でついにセンターになった松井珠理奈。
むちゃくちゃな環境でむちゃくちゃにされて、結果
平田璃香子さん最終公演に1曲しか出られず。
握手会も満足にできず。チームK6th千秋楽もウェイティング初日も出られず。
多少の無理は隠して気丈に振る舞ってしまうような珠理奈がギブアップって
相当厳しいってことだろう。
兼任の先は、センターの先は、輝く未来ですか?
未来で、珠理奈は幸せになれますか?

珠理奈のようにスポットライトがいつも当たるメンバーではないけれど
SKE48に関わる誰もをやさしく見守り、そして愛していたひと。
だからみんな、平田璃香子というひとが卒業するこのときに
溢れんばかりの想いをぎゅうぎゅうに詰め込んで集まった。
羽豆岬の1位。特別な特別なセットリスト。
AKBの絶対的エース卒業のような華々しさなどなくてもかまわない。
きらきらな、純度の高い想いが作り上げた惜別のステージ。
別れの花束と崩れていくメンバーに、涙止まらなくなった。

傍目からちっとも幸せに見えなくとも、そんな時でも幸せに思えるなら、
きっとほんとの幸せに近づいていく。
SKEの活動はなにかと報われないような気がしている。
それでも、今を精いっぱい全力で。
きっと陽の目を見る日が来るんだ。

平田璃香子さんがほんとの幸せを掴めますように。
でっかいの、掴んでください!
関連記事

管理者にだけ表示を許可する