研究生公演前、研究生に想う

◆10/25(木) 18:30 ~ 研究生「会いたかった」出張公演
【会場名】 ダイアモンドホール 名古屋市中区新栄2-1-9 雲竜フレックスビル西館5F
【出演メンバー】 市野、犬塚、岩永、江籠、大脇、荻野、小林(絵)、新土居、日置、藤本、二村、松村、水埜、宮前、山田(み)、斉藤
【チケット料金】 一般男性3,000円 一般女性 3,000円 小学生~高校生 3,000円 ※未就学児入場不可

ーーーーーー
今、研究生におもっていること
公演をみて印象ががらりと変わる前を残しておきます


市野成美
おはなるちゃんのポーズをまなつとやっちゃうとか
先輩ともいい感じに絡めていますよね。
クソガキっぽさから、6期生が入ってきてどう変わっていくのか楽しみ。

犬塚あさな
手汗などネタキャラなだけでなく公演でもいいところが目立ってきてました
MVの出来が残念であったことや、
何より謹慎期間がどのようにパフォーマンスに影響しているか?
よくなっていればいいのだけど。

岩永亞美
かわいらしさがあって目を惹きます。
でも、見ていると振りがあってなかったりする。
現状ビジュアル面優先だなあと"キャッつぅ"とか見ても思います。
逆上がり公演をアンダーレギュラーでチームEの成長と共にできたことが
血となり肉となり、花開く時がくるよう努力続けてほしいです。

江籠裕奈
後輩が入ってきてからがほんとうの勝負のはじまりな気がします。
若い、小さい、かわいいは永遠ではない。
キレイに脱皮できれば大化けすると思っています。

大脇有紗
劇場公演で見るまでほとんど印象もなかったのに
かわいすぎて目立っていて、半年前の劇場公演で大脇さんが私のMVPでした。
もともと大人びて見える彼女は今回も目を惹くのか、ひとつの楽しみです。

荻野利沙
DMMのカメラに映らないところでありえないほど
楽しくやんちゃしてました。公演でなければわからなかったいいところ。
時が経ち、そのままであってもおもしろいだろうけど
新たな一面が見られたらもっと気になる存在に。

小林絵未梨
がんばっていることはみんな知っている。断トツの公演出演数。
4期生でチームSのアンダーやりきれるメンバーが他にどれだけいるだろう。
人気だけが追いついてこない。人情だけでは推しになれないし昇格もかなわない。
それでもひたむきな姿、見せてほしいと願う。きっと誰かが見ている。

新土居沙也加
公演できょう、初めて見ます。ガイシではかわいかった印象はあるけれど。
チームSアンダーができるだけの実力、しかと見守らせてもらいます。
5期生でパッと見ていちばん気になったメンバーでもあるので
「やっと会える」と少々感慨深いところもあります。

日置実希
ハタチになってしまいましたね。猛チャージで追いついて行かねばならない
年齢のはずですが、おっとりしたがつがつしない感じなので
そういったキャラクターもいてこそのSKE48ですが、延びしろが不明です。
パフォーマンスで、どうなっていきたいか伝わってくるか?

藤本美月
MVが最悪すぎたので、きょうの姿しっかり見て印象を改めないと。
ガイシでバク転して、チームSアンダーやりはじめるくらいまでは
成長株といった感じでしたが、そのあとあまり印象がありません。
公演でどんな姿見せてくれるだろうか。

二村春香
ガイシ前に周りより輝きがたりないとかひどいことを言ってました。
高松のミニ握手会で素直にがんばって欲しいなあ…!と思い、
パフォーマンスもその前後から目立ってきたような気がしています。
二村春香センターの恋のPLAN今から楽しみです。センターも似合います。
あの曲があんなにしっくりくる人を他に知りません。逆上がり公演も、
かのんセンターとアンダー二村春香センター両方見たい私です。

松村香織
人気は断トツの広報部長。人より抜きん出たパフォーマンスではないけど、
ミドルテンポの表現力が必要な曲ではすごく映えると思ってます。
SKEの番組がどんどんなくなっていますが、
だいじょうぶ!僕らには1コメダがある!研究生アピールにどれだけ貢献したことか。
今の研究生の成長に大きく関わってきたのは確かだけど、これからは?少々不明。

水埜帆乃香
「いぐほの」のてもでも、KⅡアンダーと、じわじわと成長しているようですね。
ビジュアル優先イメージがそれだけじゃない!となってくるといい。
チームEになれた4期生とそうでない4期生。
もしも、があったらどうなっていたのかなあ。

宮前杏実
純情主義のバックダンサー出演など、5期生でもいち早く出ていました。
そのあと足踏み状態。なにかきっかけがあれば、一気に伸びていく気がします。
MVでの平均台で見せた意外性、ああいうの求めてます。
伸びる予感、きょう感じさせてくれるでしょうか。

山田みずほ
「会いたかった」ですごくよかったのに
「渚のCHERRY」は何度DMMで見ても私のなかにしっくり来ません。
生で、その目で見ると印象が変わってしまうのか。…変えて欲しいです。

(斉藤真木子)
広報部長かおたん、トーク力があり先輩への壁なくしてくれた今出。
豊かな経験に今の経験もプラスして強力に研究生を引っ張る2期生"いつメン"。
5期生はとても恵まれた環境で実力と人気を得ていった。
良くも悪くもいわゆる「SKEらしさ」を濃厚にパフォーマンスする真木子がサポート。
きっときょうは引き立て役に回るだろう。パフォーマンス抑えるかもしれない。
真木子リミッターを外させるような研究生の動きを期待したい。


きょうこのとき
研究生公演が見られてよかったと心から思える公演を。
4周年公演では、研究生曲にまとまりが感じられませんでした
きっと軌道修正されているはず。新たな研究生公演は、どんな感動を与えてくれるだろう。
さあ、浜名湖通過。もうすぐ名古屋
半年以上待ちわびた公演が、そこに待っています。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する