SKE48アルバム63人MV感想、チームKⅡ

もちろんですが、個人的に感じたままの感想です

チームKⅡ

17 赤枝里々奈 会いたかった 清水英博(1:48)
りりな100%です!ばっちりです。撮り方がうまい。
りりなの会いたかった勢いで男の子が吹っ飛ばされる…だけじゃなくて、
勢い余って壁にぶつかりそうになっておっとっとみたいな小技もしっかり利かせてる。

18 阿比留李帆 バズーカ砲発射! 中村英隆(1:41)
どシンプル。りぃちゃんって顔も表情も生き様も"濃ゆい"感じなので
あまりにシンプルすぎると浮き立っちゃって仕方ないみたいな?
カラフルだったバズーカ砲発射!はどこへ行ったんだ…白一色。

19 井口栞里 合格Kiss 大木雄介(2:14)
狙ってたのか。白い曲の次、黒い背景。
勉強、合格のあたりがスポーツ、勝利に置き換わる感じ。
IGUCHIと書かれたボトルから水をぶちかける豪快さがいい。

20 石田安奈 嘘つきなダチョウ 柴田鉄平(1:56)
面白い映像効果だなと思うけど、それだけって気もする。
小悪魔ないたずらキャラが意外なものに翻弄される姿が楽しい。

21 小木曽汐莉 寡黙な月 中村太洸(2:05)
ごめんなさい。この曲聴いたことなかった。評価が高いのは知ってましたが
iPodにも入れてあるのに、意識して聴くことがなく…
ほんとうにセクシーだったら、こんな演出はしなかっただろうな。
周りの風景がそのまま万華鏡になるおもちゃがあります。
そのおもちゃで、だいすきな女の子のいちばんかわいい姿を切り取った感じ。

22 加藤智子 Nice to meet you! 山本ワタル(2:29)
他チーム推しだと、あまり目立つ印象のないもこさん。
かわいい表情がいくつも押さえられています。
きっと何度も撮りなおしたロングパット、決めた表情もいい。

23 後藤理沙子 アンテナ 藤安広人(1:34)
この演出はあんまり好きじゃないけれど、うまい。使い方が実に嫌らしくない。
そこにかわいいりさこですから、もうばっちり文句なし。

24 佐藤聖羅 ピノキオ軍 今井敬(1:49)
やっすい感じがかえっていいですね。
ピノキオくん最高です。オチまでしっかり用意してある周到さ。
最後に駆けよってくるアンタは誰だ!

25 佐藤実絵子 ごめんね、SUMMER 奥藤洋弘(1:47)
スミマセン、オープニングの明朝体フォントだけで爆笑。
カラオケでごめサマ歌ってこれが背景に出たら嫌だわ、ごめサマに謝れ(笑)
うるわしい青春が炸裂するごめんね、Summerが…どこにもない。
東京の観光名所をめぐるダイジェスト映像を見て、らしくなくってごめんね、みたいな?
すごく好きな曲がしっくりこないと、ほんとに残念。

26 高柳明音 お待たせSet list IKIOI(1:51)
前衛アートみたいな、鳥と森と人が一体化する新しすぎる装い。出オチ。
さらに小鳥くんが「このねーちゃん、ないわw」と言いたげな雰囲気。
高柳明音のある部分はしっかり生かせているけど、そこでよかったのか?

27 秦佐和子 ラムネの飲み方 井上春生(2:09)
撮り方が…秦さんが50代のおばさんにしか見えません!
たまに妙に老けて見えることもあるけど、握手会で間近に見るとめちゃかわいい。
撮影の途中でこれはまずいと思わなかったのかな?
おばちゃんがまだまだイケるのよ、って背伸びしたイメージビデオ。

28 古川愛李 バンジー宣言 真田幸村(1:57)
これ、監督古川愛李だろと思ってしまうほど、リアルにこんな夢見ていそう。
活かしやすいキャラクターというのもあるだろうけど、
しっかり活かす監督の腕が見事。

29 松本梨奈 クロス 丹羽貴幸(2:01)
滝にただひとり、松本梨奈が立つ。この絵だけでいい。
しばらく引きで振りもなく歌うだけ。
物足りないと思いきやクロスポーズの振りだけさせて、これが活きる。
飛び込みシーンの分割の意図は、ちょっとわからなかった。

30 向田茉夏 フィンランド・ミラクル 増山準哉(1:51)
東横線沿線にあんなのどかな感じのとこあったっけ?
吹き出しはいいけれど、茉夏が吸い込んで…で、どうなの!という気もする。
まあ向田茉夏さんはばっちりアイドルなので何しててもなぜか許せます。

31 矢方美紀 アイシテラブル! 長崎愛(2:01)
すごくすごくかわいく撮れてます!最高の2分間。
しかし、これまた雑居ビルの屋上でちゃちゃっと撮ったパターン?
そして、年頃の可愛らしすぎる女の子にしては胸なさすぎて気になる。
この2点が気にならなければ、映像はハッピー全開。すばらしい。

32 山田澪花 ウイニングボール 鈴木淳(1:37)
髪下ろしてた方がかわいいと思うんだけど…
でもこのMVでは、結んでもかわいさがおちません!
英語の使い方とか「らしさ」をうまく活かしてもらっていると思う。
山田澪花の人気が今ひとつなのは、セルフプロデュースがうまくないからなのかも。

チームSの感想は下の関連記事リンクからどうぞ
チームEの感想→http://ske48shibatar.blog.fc2.com/blog-entry-340.html
研究生の感想→
音声のみの感想→
関連記事

管理者にだけ表示を許可する