9/2 1830m大握手会&写メ会6部 柴田阿弥1回目

仕事終わりは、気持ちがまとまらない。
なにを話そう…写真撮れるかもとか考えてしまうと混乱しちゃうので
つとめて冷静に。

会場まで、緊張して胸が苦しかった。
個別未経験はこんなにも苦しいものか?

少し到着が遅れてしまったためやむ無く2枚出し。
そして、抽選。2枚とも握手でした…
複数出し全握手はなんだかすごくもったいない気がします。
話すチャンスが多いと立て直せるし。そして、運がないなあ…

どきどき。20分くらい待ち。

ーーーーーー

個別はじめて来たよ!
「ほんとっ!」と言ってぎゅうっと握ってくれる。「嬉しい、ありがとう」

今まで全握やミニ握手会しか来たことがなくって…
「来てくれてありがとう。これからいっぱいおもいで作っていこうね!」

お願い。バズーカ砲を発射して下さいっ!
(銃をかまえて) 「どーん!」

剥がされつつ
「ありがと~っ また来てね!」

ーーーーーー

ずっとバズーカ砲をくらいたかったのです!
かわいすぎて、破壊力はばつぐんだ。
オキドキ大阪全国握手会での忘れ物、ひとつ回収。

いやね、あの「どーん!」の声が強くもないのに
絶妙すぎて、思い出すたびおなかいっぱいになれそうです(あほです)
構えた銃も、打ち出す動作も、とにかく最高級の威力。
ニヤニヤしちゃってたと思います、しばらく。

それ以外は…もったいない!
言葉の感じがこんなんだと
いろんなメンバー行ってるけど
今回はじめて阿弥ちゃんの個別に来たよ! っぽい…

もちろんそんなことない。
阿弥ちゃんに会いたくて大阪へ、高松へ握手に行った
個別握手会、阿弥ちゃん以外の選択肢は浮かばなかった。
もったいないかな、と頑張って考えてみても出なかった。
そんな柴田阿弥単推しな気持ち、うまく伝えられなくて悔しい。

認知してほしいわけじゃない。
阿弥ちゃんへの真っ直ぐな応援の気持ちが届けばそれでいい。

届く方法考えながら、7部を待つのでした。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する