手紙を出しました

ほんとうは、
劇場公演が当たって
どきどき興奮する浮き足立ったような状態で
推しへの想いを一気に書き綴りたいのです。
普段恥ずかしくて書くのに躊躇しそうなことも
そのテンションならきっと書ける!(それ…いいのか?)

なにか足りない。
なにが足りない?阿弥ちゃんがめったに投げないボールを投げたから。
多くのまとめサイトが反応するびっくり展開。

多くの人たちが
阿弥ちゃんの越えられない壁を突破するために動き出す。
きっと、ひとりきりじゃ越えられない。
みんなでいっしょに乗り越えよう。
どんどん壁は高くなるけれど、諦めるわけにいかない。

いっしょに乗り越えるために。
手紙の内容は、最近気になっている
このままでは阿弥ちゃんの足を引っ張りそうなこといくつか
できるだけ厳しすぎないよう、でも伝わるよう書きました。

ぐぐたすや2ちゃんねるに
たくさんの想いが集まりましたね。
届いてほしいな、というものもあったし
よく考えているなあ、ってのもありました。
一方でちょっと違うだろ、というものや
不特定多数が見るところに書いていいの?と思う意見も。

1つ言えるとしたら、いくつも見かけた書き込み
「今回は総選挙の選抜だから仕方ないよ!そうでなければ選抜だったよ」みたいな。
…なんて残酷なことを言うんだ。
私も速報で柴田阿弥の名前がなかったから早々に選挙から手を引いたのだけど、
速報で名前がなくとも諦めなかったファンのいたHKT48の宮脇咲良さんは
そもそもウィンブルドンのパフォーマンスが評判ではあったけど、
きのうAKBINGO!にも出演していたし、選挙きっかけで大きく知名度があがったと思う。
わがままな流れ星コンビで総選挙ランクインし、あやのん?として人気が爆発、
チームEを知らない人たちにも大きくアピールできたかもしれない。
やはり、諦めてはいけなかったのかもしれない。
…総選挙選抜だから仕方ないというのは、僕たちが頑張らなかったから仕方ないと同義。

なぜ、総選挙基準以外なら柴田阿弥が選抜に入れるのか?
現状、当落線上にいるけれど決め手はないままだと私は思う。
なにか足りない「なにか」を埋められない、ふがいないファンで恥ずかしい。
さあ、みんなでいっしょに選抜へ。そして、さらなる高みへ。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する