自分で歌えば、このデモ曲はかなり魅力的に変わるはず

半田健人さんプロデュースの愛されアイドルプロジェクト。
こんな曲を提供していきますよー、というデモ音源の公開が始まっています。
毎週水曜に新たな1曲が公開。公開はこちら→http://www.teena.ne.jp/contests/handakent/

2曲目は「まんまるな香り」
3曲目は「ALL RIGHT.」
どうして昭和歌謡アイドルのものまねタレントさんみたいな方の歌声をあてているのかなあ?
この歌声だから応募者が減ってしまうかも…とか、いらん心配をしてしまう。
ただ、そんなことで応募を止める人ってその程度の想いしかないのだろうし、
半田健人さんの歌謡曲リスペクトのエッセンスを理解しつつ昇華させられるような人が
このオーディションでは求められているような気がするので、いいのかな?

楽曲公開ページに「自分の声で、歌ったらどうなるかな?」と書いてある。
…ぜひ、歌ってみることをおすすめしたい。自分なりの表現で。

こういった募集の仕方で、どんな女の子が応募してくるのだろう。楽しみです。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する