めざましライブ2012、メンバー雑感

めざましライブの感想を少しづつ。

整理番号57番
下手寄り3列目(端だったため実質2列目)
あまりに近かったため全体パフォーマンスより
阿弥ちゃん中心に近くに来てくれたメンバーの動きに注目してました。
SKE現場初心者であることを激しく後悔。もっとなにかできたはずなのに

ステージではじめに驚いたのは
加藤るみのかわいさ!
最近イラカワイイ表情ばかり目立つるみ。
元々水準以上のパフォーマンスを見せてくれるるみなので、
かわいさが前面に出てくると強いなあ…
ただ、顔の小さなおぎちゃんと並ぶとおぉ、丸顔って感じで。
るみって2011年のどこかのシングルで選抜やらせてあげたかったなあと思う。
阿弥ちゃんが次のシングルで選抜入りできないとなると
るみと同じような道を辿りかねないような。強い、決め手が欲しい。
るみが1回でも経験していたら…まあ、たらればはやめましょう。

そして向田茉夏!…アイドルだ!
キラキラと輝くようなかわいらしさをふりまいている感じ。
職業、アイドルって向田茉夏のためにあるんだなと思うほど。
SKE全体に感じるダンスパフォーマンスからすると、
ほんわりして浮いてしまう。でも、まなつだからそれでいいよ。
…とか言ってしまうような、なんだか甘くなってしまう、これは天性のもの?
ぐぐたすの輪で生まれ変わってもアイドルやりたいと言うのはダテじゃない。
至近距離でよくわかった。向田茉夏はアイドルなのだ。

で、柴田阿弥です。
半数以上が選抜という今回のライブメンバー。
その中でも、まったく見劣りせず堂々としたパフォーマンスだった。
唯一の非選抜メンバーとなった7人バージョン青空片想いでも
小粒感などまったく感じなかった。自然に存在感が出せていた。
やっぱり阿弥ちゃんばかり見ていました。
この日の髪型は実はあんまり好みではなかったので
かわいさに一発ノックアウトという感じではなかったのですが、
そのぶん阿弥ちゃんのいろんな動きや表情をしっかり見ることができた。
個人的には
先日のCDTVでもチェックした柴田阿弥VS古川愛李の太もも対決が
早くもめざましライブで、しかも生で!至近距離で!拝めてしまいました…!
あいりんの太ももは立派だとかなり有名ですが、
阿弥ちゃんの太ももだって「ゼニの取れる足」(ブブカ編集長談)と
言わしめるダイナマイトな太ももをお持ちです。
インドア派の阿弥ちゃんはいったいどこであんなにまで鍛え上げたのか?
ともあれ、見事なふたりの太ももの競演を存分に堪能しました。

梅本まどかへの応援、なかなか大きかった。
阿弥ちゃんにコールする人はまどかにもコール。チームE好きな方なのかな?
自信溢れる表情のパフォーマンスだったけど、
ポジションが上手ばかりであまり見られなかった。

須田亜香里は、やっぱり笑顔全開。
いい意味で、テレビとかで見るのと印象が変わらない。
あかりんの太ももの筋くっきり見える至近距離。
DMMでは足下見えなくなってしまいましたし、貴重。
アイドルとして鍛えた身体で見事なパフォーマンス。

以下、更新中
関連記事

管理者にだけ表示を許可する