「あうんのキス」柴田阿弥センターは偶然ではなく必然。

(タイトルはそうであったら、という願いのような推察です)

きょう
アイシテラブル!全国握手会横浜で
ついに、阿弥ちゃんセンターの「あうんのキス」が披露されたようですね。

きょうも仕事で行けませんでした
阿弥ちゃんにとっての忘れられない大事な1日を同じ場所でお祝いしたかったなあ…

湯浅さんは、どうやら支配人部屋で
紅組も白組も、玲奈と珠理奈に今後も「越えるべき目標」としていてほしい
と言っていたみたいですね。
今回「あうんのキス」で柴田阿弥がセンターになったことで、
SKEは玲奈珠理奈だけじゃない。次は自分の推しがセンターになればいいな…という
多くのファンの淡い期待を粉々にしてくださいました。
まあ、いてほしいというただの願望なので
湯浅さんの願望が叶わないことを切に願います。

越えるべき目標…そう思うなら、センター柴田阿弥の楽曲はなぜ生まれたのか?
そんな特別なことをしてしまえば、ファンは期待してしまうじゃないか。
これからも、特別がずっと続きますように。
紅組も、玲奈以外のメンバーがセンターの楽曲が見てみたいな。
いちど生まれてしまったこの願いは、もう消すことはできない。

玲奈や珠理奈がいない楽曲でも
ああ、これはSKE48らしいね。と思えるようになれば
SKE48の可能性、多様性がぐんと広がるのです。

メディア展開では、とっくにそんな感じなんですけどね。
「イッテ恋48」では最後のほうになって選抜メンバーが出演、正直言って
松井玲奈さんが色んな松井さんと対決する企画が断トツにつまらなかった。
「マジカルラジオ」も、今放送中のシーズン2では二人の松井さんに頼らず
SKE48には色んな魅力が溢れていますよ!とうまく伝えられていると思う。
「S女」は…言わなくてもわかりますよね。
中堅メンバーの魅力も見つけて掬ってくるあったかい番組だと思う。

バラエティと楽曲の話をごっちゃにするのは
乱暴すぎるとは思うけれど、
せっかく正規メンバー最大48名のグループなのだから、
たくさん入り口作ればいいのに。作れるのに。と思うのです。

私は、SKE48への入り口が二人の松井さんではありません。
大矢真那さんのことばに引き寄せられ、
チーム全体の全力パフォーマンスに惹かれ、
気がつくと柴田阿弥さんに心奪われていました。

その柴田阿弥さんが、SKE48の楽曲でセンターを務める。
選抜メンバーでもない。
推されまくっていたわけでもない。
「なんで阿弥ちゃんが…」どこからか恨み節が聞こえてきてもおかしくない。

さあ、考えよう。
なぜセンターは柴田阿弥なのか。

まず、松井珠理奈の白組楽曲不参加が先に決まったと思う。
では誰が珠理奈の代わりをするか?
代わりというならS公演でアンダーを務める桑原みずきだけど、
この曲はチームSの曲ではない。
代わりをすると考えるより、
今回は意外性や新しいSKE48の可能性を引き出す方向がいいのでは?
ならば、チームS、チームKⅡではなく
チームEメンバーの抜擢がインパクト最大になる。

センターはチームEメンバーから選ぶとして、なぜ阿弥ちゃん?
湯浅さんは今年の総選挙本で柴田阿弥をこう評している。
・かなり伸びてきている。選抜に入ってもおかしくないくらい
・向上心の強さはチームEで1、2を争う
・真面目。自分の軸を持っている
湯浅さんの考えがイコール運営ではないことくらいわかっているけど、
人気と実力をある程度持ち、
チャンスを与えれば持ち前の向上心でさらに伸びるかも。
ぶれない軸を持っているから、センター適性もある。

この推察が当たっているかハズレているかはさておき、
現実に、柴田阿弥は「あうんのキス」センターポジションとなった。

阿弥ちゃん、おめでとう。
このチャンスが、もっと大きいチャンスへ繋がっていきますように。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する