改めてチームE逆上がり公演を考えます

いろんな方がチームE新公演、逆上がりの感想を書いている。
私の感想がショボすぎて、あまりに残念な気持ちになる。
考え方を変えれば、いろいろある感想の中で
素人感たっぷりの感想代表みたいなのがあってもいいじゃないか!
と言い聞かせて、ずうずうしく今日も更新。
逆上がり公演を改めてじっくり考えます。

【もくじ】
・なぜ逆上がり公演なのか
・衣裳ががらりと変わった。さあ、パフォーマンスも
・「ファンレター」で泣けるか
・チームEの色とは?


【なぜ逆上がり公演なのか】

パジャマドライブ公演は、末っ子チームの船出にふさわしいセットリスト。
そこから逆上がり。チームKでもいくつものセットリストの果て、旧チームKの最終公演。
その公演を、チームEは2番目にやってしまう。
チームEが目指すべきは、
いまだ残るフレッシュ感を活かした逆上がり公演なのかもしれない。
パジャドラスタートから1年半くらい経つのに、
まだフレッシュと言えるって、かえってスゴいことなのかも。
逆上がり公演がフレッシュに見せられるチームEのポテンシャル。
演技力や表現力が求められ、チームEが大きく成長できること。
逆上がり公演でなければならないとまでは言えないけど、
逆上がり公演だからいいとは言える理由はある。
SKEのお下がり公演でいつまでも比較され非難されるより
AKBのチームEらしくない公演をSKE色にして、チームEらしさが出せたら勝ち!

【衣裳ががらりと変わった。さあ、パフォーマンスも】

パフォーマンスは、伸びているメンバーもいれば伸び悩むメンバー、
パジャドラのままのメンバーと混ざっているから統一感には欠けているような。
衣裳に負けないパフォーマンスで魅せてほしい。
溢れる向上心はチームEの魅力のひとつ。
まだまだ延びしろいっぱいだから、これは今後の楽しみ。

【「ファンレター」で泣けるか】

チームEへの思い、メンバーへの思いが溢れたら
きっとこの曲は泣けて仕方がないような気がチームK公演を見て思いました。
まだ、泣けては来ません。
きょう、かのんがファンレター前涙溢れていましたが、不甲斐なさの涙。
かのんは前半、今日のTDCに合わせてきたか!と思うくらい変わっていたけど後半は…
高すぎる意識と気負いが、あの涙だったのだろうと。
エースの覚醒は思ったより遠くない。そんな気がしました。
公演を重ねるごとに、ファンレターの深みが増していきますように。

【チームEの色とは?】

「色褪せないフレッシュさ」と
「尽きない向上心」なのかなあ、と思っています。
もちろんこれは現在の話。逆上がり公演に関しては、
このまま極めていけばチームEならではの宝物になるはず。

数日前から下書きしていたのですがこんな日に公開することになるとは…
関連記事

管理者にだけ表示を許可する