ガイシホール、2日目感想

SKE48春コン2012『SKE専用劇場は秋までにできるのか?』
2012.04.15 17時開演 日本ガイシホール
スタンドCブロック18列からの感想

影アナ 桑原
M00 サックスソロ演奏/矢神 メインステージ
M01 1!2!3!4!ヨロシク!/全員(メインに選抜 珠理奈アンダー花音) 花道いっぱいに
またしても!曲途中で阿弥ちゃんがいちばん近くの花道に。
どのステージも微妙に距離感があって若干キツかったのですが、
阿弥ちゃんが可愛いすぎたのでもう文句いいません。

M02 お待たせSet list /チームKⅡ メインステージ
私はもう泣かなくなったみたい。
大切に、大切に歌い続けてください。
パフォーマンスが落ちたら、露骨にわかってしまう曲ですよ。

M03 手をつなぎながら/チームKⅡ(途中からチームE+井口が参加) メインステージ
KⅡの推されぶり。セットリストだけ見返すとチームSと肩並べる感じ。
オリジナル公演、オリジナル曲がある強み。
チームEにも、せめてオリジナル曲があればと思う。
まるで、E2nd公演は手をつなぎながら公演ですと言っているような演出。
手つな…SKEらしさということではよいと思うけど。
末っ子イメージが強まるだけ。
HKTは100回以上公演して研いている。追い付けないでしょうに。

MC1 チームKⅡ+チームE (メイドカフェ衣装の松村がハヤシライス持って登場)
1日目会場前で配っているのに触れないなあと思っていたら
自前のメイド衣装で斜め上行く永遠の17歳。

M04 フィンランド・ミラクル/向田、矢方、赤枝 後方ステージ
真横から見るフィンランドミラクル。
キレのある矢方美紀に釘付け。

M05 万華鏡/大矢、小野、出口、中西、平田 メインステージ
きょう限りのパフォーマンス。遠くから見ていても
たくさんの溢れる想いが伝わってきた。なんて素敵なのだろう。

M06 眼差しサヨナラ/古川、小木曽 下手側ステージに古川、上手側ステージに小木曽。モニターで二人重なる
この演出はしびれた。深紅に染まるあいりんのステージ、深い青のごまステージ。
その距離感が、たまらない切なさを生む。
ホールコンサートで、この曲はまた魅力を高めた。二人の魅力も。

M07 クロス/高柳、松本、若林 メインステージ
キレのある曲にぴったりのレーザービーム。いい演出。

M08 ウィンブルドンへ連れていって/木下・木﨑・矢神 /石田・原・山下/木本・新土居・二村/金子・鬼頭・加藤
本日の増殖曲。メインステージの3人のほかは意外性のある3組で、
キョロキョロしてもったいないことをしているうちに終了。
パッケージにするときは4パターン収録してほしいですね。

M09 狼とプライド/松井玲、秦 メインステージ
まさかの組み合わせ。
この二人が目をつぶって歌っているところ、永久保存だな。
どうか次は阿弥ちゃんが目をつぶってくれますように。ぜったい永久保存。

M10 Glory days/桑原、中西、矢神(珠理奈ポジ矢神)(BD松村、真木子、今出、鬼頭、内山、絵未梨?) メインステージ
大人メンバーがほとんど休演したチームS公演がくーみん&ゆっこ祭で最高によかった。
図らずも今回、珠理奈の代打をくーみんが務め、あの公演のような雰囲気に。
たまらなかった。最高すぎた。もう、涙が溢れた。コールもできないくらい。
矢神久美、中西優香、桑原みずき。
3人のパフォーマンスは、今この時だけの最高の輝きを放った。

M11 思い出以上/間野、小野、山田恵(新衣装) メインステージ
前の曲で、相当仕上がっているのに。
この日のための新衣装で、すぐに粋な演出に気づけなかった。
わかってしまった瞬間、涙腺は決壊した…。
今思い出しても、鼻の奥がツンとする。
想像もしなかった、はるるんの思い出以上。もちろんこの3人の組み合わせも。
まったく違うイメージの3人。共通点はきょう限りということだけ。
それぞれのまったく違うパフォーマンスが絶妙に溶け合って、
それはこの時この場所に居合わせなければ感じられなかった。
今更ながらに歌詞を噛み締め、もうグシャグシャになりながら
小野晴香、山田恵里伽、間野春香との最後のときが過ぎていった。

MC2 チームS/平松登場でチームSメン話暴露大会(木下、矢神、大矢ネタ)

M12 孤独なバレリーナ/チームKⅡ+須田(メインに秦、後方ステージに須田)
あかりんのバレリーナをまるまる1曲近めの後方ステージで見ることができた。
申し訳ないけれど、メインステージをBGMに見応えのあるパフォーマンスを堪能。

M13 Two years later /チームE(中村アンダー菅) メインステージ
M14 白いシャツ/チームE(中村アンダー菅) メインステージ
いつも見せてくれていた曲だから。
今、もう同じメンバーで見ることはできないのに。
それなのに、うん、安定のパフォーマンスだな!とか思っていた自分を大いに恥じたい。
変わることないパフォーマンスを見せてくれたチームEは、やっぱり最強チームだ。

M15 未来の扉/研究生(市野・古畑・新土居・大脇・二村・岩永・藤本・日置・江籠・今出・小林絵・犬塚・水埜・鬼頭・松村・井口) 後方ステージ
M16 楽園の階段/チームS メインステージ
M17 Innocence/チームS(歌い出し須田、アンダー絵未梨、真木子、内山)
M18 制服の芽/チームS(珠理奈ポジ桑原、アンダー絵未梨、真木子、内山)
間奏でS!K!E!って人文字を作るけど、それで泣いてしまった。
今、この時に全力なSKE48が大好きだ。それを見られるって幸せなことだ。

M19 16色の夢クレヨン/チームKⅡ 上手側、下手側両ステージから8人ずつ登場。歌いながらメインステージへ
M20 ウイニングボール/チームKⅡ(石田・矢方がバズーカ砲でボール発射)
MC3 真木子、山下、鬼頭、小林亜/コント~こんな専用劇場は嫌だ~ (あいりんのイラストを受けて寸劇)
M21 片想いFinally /選抜 (松井玲・矢神・木﨑・須田・大矢・桑原・木下・矢方・小木曽・高柳・秦・古川・向田・松本・金子・木本)(珠理奈ポジ高柳)
M22 大声ダイヤモンド/小野・加藤る、佐藤聖・出口・中西・平田・高田・赤枝・松井珠・阿比留・石田・加藤智・後藤・佐藤実・山田澪・若林 (珠理奈センター、珠理奈は大声だけで退場) メインステージ
昨日の大声ダイヤモンドは忘れよう。
これがSKE48の大声ダイヤモンドだ。さすがの珠理奈。

M23 強き者よ/研究生(井口・今出・菅・えみり・二村・岩永・宮前・新土居・日置・江籠・市野・藤本・荻野・山田み・大脇・古畑)
M24 会いたかった/研究生+他チーム混成(菅・二村・岩永・宮前・新土居・日置・江籠・市野・藤本・荻野・山田み・大脇・古畑・木下・酒井・高木・竹内・都築・原・間野・井口・今出・小林絵・松村)
M25 バズーカ砲発射!/白組(珠理奈ポジ桑原) 上手側ステージ
真横のアングルで見づらいってこともあったけれど、
阿弥ちゃんをしばらく見失いました…推し失格です。うぅ。

M26 はにかみロリーポップ/白組(珠理奈ポジ桑原) 上手側ステージ
阿弥ちゃんを見失う動揺であまり覚えていない…
はじめて生で見たのに、もったいない!

M27 微笑みのポジティブシンキング/紅組 下手側ステージ
M28 パパは嫌い/紅組 下手側ステージ
MC4 チームE 会場全体でウェーブ、都築里佳旗持って花道全力疾走
1日目チームEのMCがなくショックだった。
そうか、2日目の新公演サプライズのためにとってあるんだなと前向きに解釈した。
ところが。実際はそんなことはなく。
自由な、チームEの魅力が伝わるMCはさせてもらえず。屈辱的なことだ。
りかちゅうが頑張って花道を1周。複雑な思いでそれを見ていた。

M29 青空片想い/選抜(松井玲・矢神・木下・高柳・木﨑・向田・小木曽) (アンダー木崎)
M30 ごめんね、summer /選抜(木本・松井玲・矢神・木﨑・高柳・向田・石田)(センター花音)
M31 オキドキ/非選抜メンバー(原・山下・高田・梅本・小林亜・柴田・山田恵・上野・若林・阿比留・磯原・後藤・小野・赤枝・山田澪・酒井)(台詞は原望奈美)
M32 パレオはエメラルド/選抜(松井玲・高柳・小木曽・木﨑・矢神・向田・鬼頭・木本・斉藤・大矢・古川・須田・石田・木下・桑原・秦)(アンダーは真木子、鬼頭?)
M33 バンザイVenus /ALLメンバー
2日連続でライブを見る者にとっては、
シングルメドレーはまったく同じセットリスト。
オキドキのセリフ、2日ともはらみななんだ…とか
バンザイVenus終わりの特効がまったく同じ意味とか。

MC5 2日間の感想(須田・木本・小木曽)
須田のバレリーナ話 くーみんが綺麗だったと話すとめっちゃ笑顔の須田
卒業する3人の卒業式、じゅりなとかなかなもステージに呼ばれる
卒業する3人からファンの皆様へ
元2期と3期でParty公演ができなかったことが悔しいと語るえりか
小野「会えなくなるわけではないので、みなさん明るく楽しくいきましょう」
M34 今日までのこと、これからのこと/全員(卒業メン3人センター、珠理奈、平松含む)
卒業生退場/玲奈の最後の締めのMC
M35 遠くにいても/全員(卒業生3人除く)

EN1 GM5/選抜(リズムギター向田、リードギター古川、ベース高柳、ドラム石田、キーボード須田&秦、トランペット玲奈、トロンボーン松本、マラカス大矢、スタンドドラム木崎、役割不明 矢神・小木曽・矢方・金子・木本)
アンコールは「SKE48」コール。きのうはあまり揃っていなかった。
もう、ほとんどSKEしか興味がない私。
きのう柴田駅までの道のり、「みなみ」という看板を見てはらみなが真っ先に浮かんだ。
ひらがななのにAKBでのお気に入り、峯岸みなみより先に浮かんだことに驚いた。
だから、AKBの曲なんかやってもらっても気持ちは乗らない。
全力でSKEコールをする中、バンドの音合わせっぽい音が聞こえ
ああ、あの曲をこのタイミングで披露するんだ…。
AKBのためにアンコールしてる訳じゃないのにと醒めていく自分がいた。
忙しい中、余計な曲披露のために猛練習したメンバーたちに頭下がります。

MC6 中西、桑原、原、加藤/桑原が5期生を呼び込む
吹っ切れたようなはらみな、みずきに似てる?疑惑。
そして、残酷。このMCに出たということは、選抜ではないということ。

EN2 アイシテラブル!(9th新曲)(アイシテラブル!は「アイシテル」+ 「アイラブユー」らしい)/選抜(玲奈、高柳、秦、松本、木本、木崎、須田、向田、大矢、石田、矢神、小木曽、金子、矢方、古川、木下?)珠理奈アンダー ?
はじめて歌ったのにかけ声が起こって嬉しい!
…だってさ、「アイ・シテ・ル!」「アイ・ラブ・ユー!」と
ディスプレイに表示して煽っているんだからそんなコール起こるに決まってるでしょ。
自然発生的に起こるからああいうコールはいとおしい気持ちになるんだけど。
わかりやすいからきっと自然に起きただろうに、かえって醒めてしまった。
矢方美紀がモニターに写ったときはさすがに高まった。やっと…選抜。

EN3 ピノキオ軍/全員
EN4 仲間の歌/全員(珠理奈&卒業生メン含む)
ライブ終了 影アナ 桑原
今の努力が、今のがんばりが、SKE専用劇場へと続いていきますように。
思わせ振りなコンサートタイトルにかかわらず、何ら答えはなく。
そんな状況で、ファンの切なる想いを代弁してくれる桑原みずきのことばが嬉しかった。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する