ひとつのアイドルを諦めるということ。

カッコよく言えば、アイドル断捨離

でも、いろいろ未練たらしくて、みっともないのが現実

ーーーーーー

このブログは、柴田阿弥さんの応援ブログとして長らくやってきました。

推しというより殿堂入りというように気持ちが変わってきたため
SKEを見守るブログになりました。
きっとライトと言いながらどこがライトだと多くの方に言われてきましたが
ほんとうにライトになってしまいました。

殿堂入りになって箱推しぽくなったらガチることが少なくなったということもありますが、
仕事で失敗してリアルにお金がなくなってしまったことも大きく

イヤでも断捨離せざるを得ない状況になってしまいまして…


アイドルを諦めることにしました。

…いや
SKEはあまりお金かけなくても応援できるんです。
お金かかるのは圧倒的に握手会
ついで、名古屋への交通費ぐらいです。
握手会に重きを置いていなかったので
SKEくらいの規模になると、
在宅でも、お金かけなくてもけっこう楽しめるんです。


諦めるのは、もう一つのアイドル

2012年の終わり
あまりにもSKE劇場公演が当たらなすぎて
地下アイドルに潜りました。
渋谷の、O-EAST隣りの小さなライブハウス
パフォーマンスの真似事みたいな人から
数人の熱狂的ファンに支えられるベテランアイドルまで
3曲くらいづつ、入れ替わり立ち替わり
その中で、
ダンスパフォーマンスも表情も良く、声もしぐさもまさにアイドルだ!
と思える子を見つけてしまいました。

2013年、年明け早々にその子が所属するグループのライブへ。
行くたびにCDを買い揃え、話をして、チェキを撮り、
2週間後にはワンマンライブに参戦していました。

地下アイドルの応援はお金かかります。
ライブハウスに入るのにまずお金払い
いい子がいたら物販に行きチェキ撮ったりCD買ったり。
ライブをみた直後にアイドルとすぐ話せる距離の近さが魅力です。
1現場ごと、かかるお金は感覚では5000円~って感じ。
がっつり話に行くと10000円超えちゃうことも。
細く長く続けるには無駄遣いしないようにうまくやらないといけません。
それが平日夕方と、土日は昼夜2現場くらい。
各アイドルについているファンは100人いたら多いくらいなので、
たまにしか行かなくてもがっつり名前呼んで覚えててくれるほどです。

3回ワンマンライブに参戦して、1年で50現場近く行ったと思います。そして感じたこと。
このアイドルグループじゃ、ここより上には行けない…

本人がどう感じていたかはわかりませんが、
2013年末、大好きだったそのグループを卒業しました。
卒業ライブは急に決まったのか小さなライブハウスで、入りきれない人までいました。
さいごの曲で、
彼女を応援するターコイズブルーを着たファンすべてが涙止まりませんでした。

そして2014年
2年以上ぶりに阿弥ちゃんの劇場公演が当たり、
ワクワクしながら名古屋に向かうバスの中であの子の活動再開を知りました。
タイミングが完ぺきすぎてもうね。
前のグループよりもしっかりした
メジャーが目指せる環境で、新しい活動を始めて。
CD発売時には100枚以上買って支えました。
感謝イベントで一緒にバスツアーにも行きました。

2015年春
O-WESTを満員にしたワンマンライブで、メジャーレーベル所属が決まりました。
天使の夢という名前のグループを、これからも見つめていきたいと思っていました。


…それでなくても、日々の無駄遣いを見直していて
アイドルは抑えないとなぁ、と思っていたのにそもそも収入も減ってしまって

いったんすべてのアイドル現場から身を引きました。

8月末の豊スタSKEコンサートでゆるゆる復活。

SKEはゆるく戻せたのですが、
大手ではないアイドルは、お金かかるんです。
ライブ見に行くだけならそうでもないけど、
がっつり応援していてメンバー全員から認知されていた状況で
ひょろっと行って…なんてやりにくいことか。

昨日が、ニューシングルの発売日でした
キャンペーンがあるお店に行って、1枚かって来ました。
あの子の20歳になった記念ライブも仕事で行けず。
申し訳なさで、夜のインストアライブまでいることができませんでした。

いい曲だなあ…
これからもがんばれ!ひっそり見守っています。


関連記事

管理者にだけ表示を許可する