141024 SKEアップカミング公演~秋~ 公演入場の感想

2014年10月24日(金) 開演:18:30~
「アップカミング公演~秋~」 SKE48研究生
SKE48劇場公演9回目 SKE48専用劇場5回目
アップカミング公演初入場 研究生主体の公演入場は2012/10/25以来
ビンゴ抽選9巡目入場 3列目下手からの感想

出演メンバー
青木詩織・井田玲音名・荻野利沙・鎌田菜月・佐々木柚香・竹内彩姫・松村香織・山田樹奈
サポートメンバー:阿比留李帆・日高優月・加藤るみ・小林亜実

ーーーーーー

影アナ:佐々木柚香

M00 overture (SKE48 ver.)
M01 マツムラブ!
M02 誰かのせいにはしない (青木、井田、荻野、鎌田、佐々木、竹内彩、山田樹、日高)
M03 オキドキ

自己紹介

M04 ハート型ウイルス (山田樹奈、佐々木柚香(センター)、竹内彩姫)
M05 ヒグラシノコイ (青木詩織(黒)、松村香織(白))
M06 ガラスのI LOVE YOU (井田玲音名、竹内彩姫、小林亜実、日高優月)
M07 涙の湘南 (鎌田菜月、阿比留李帆、青木詩織、加藤るみ、荻野利沙)


アップカミングチャレンジ (VTR:惣田紗莉渚、小石公美子)個性派の先輩達を倒せ!
■ポーズ対決
お題にそったポーズを研究生と正規メンバーが同時にとる
研究生が個性派の正規メンバーと同じポーズをとれたらOK
1回戦 釣り - 研究生勝利
2回戦 野球 - 研究生勝利
3回戦 得意な生写真のポーズ - 正規メンバー勝利
4回戦 熱いものを冷ます - 正規メンバー勝利
5回戦 マツムラブ!の個人の決めポーズするところ - 研究生勝利
3 - 2で研究生の勝利で8連勝


M08 1!2!3!4! ヨロシク!(セリフ竹内彩姫、青木詩織、鎌田菜月、佐々木柚香、井田玲音名)
M09 あっという間の少女


アンコール

M10 拗ねながら、雨… (研究生)
M11 ひこうき雲
M12 大声ダイヤモンド

感想 / 阿比留李帆

M13 SKE48

ーーーーーー


夜行バスで名古屋へ。
すぐに名鉄で知多半島を南下します
数えてみたら、羽豆岬へは今回で11回目の巡礼でした。
何度でも、行きたくなるところなんです。SKEが好きならば、そう思える名所です。

帰りは神宮前のひとつ手前で降りて、「ラーメン福」へ。
名古屋のローカルラーメンチェーンを、いちど押さえておきたかったんですよね。

また名鉄乗っても金山で乗り換えだしなあ、と近くの地下鉄駅まで歩くことにしたら
あ。熱田神宮が近いんだ。

実はアイドルのライブ応援で定番の『MIX』ゆかりの地が熱田神宮の某所にあるんですよ。
「タイガーロード」と言われるその道で20年前にタイガーshoutが生まれました。
MIXについては、改めて記事を書きたいと思います。
誤解している人がすごく多いですが、MIXはAKB発祥ではありません!!

【今のところ、ここまでMIXの記事書いてあります】
SKE劇場がovertureにてMIXを打たない理由/そもそもMIXってなんなの?
間違っているところ、修正予定。そもそもMIXは、打つものではないと今年になって知りました。

はじめてタイガーロードにたどり着くことができて、感激しました。
『イェタイガー!』


サンシャインサカエに移動して、アップカミング公演のタオルとシャツを求めました。
タオルは公演で振り回してねと言われていたのに、夕方5時には売り切れてしまっていました。
直前に来た人買えなかったんじゃないか…

カフェで、しばしのんびり。
くまちゃんの肉巻きおにぎり食べました。おいしいですよ!

10日ほど前から持ち込み手荷物はビニール袋ではなく、プラスチックのカゴになっています。
なので整列時間が近くなると、サンシャインサカエのあちこちにカゴを持った人がいますw
時間差でカフェにいた仲間と合流して、連番で公演に臨みます。


ーーーーーー

「マツムラブ!」
最強研究生MIXがイマイチだったのは、確実にマツムラブ!をやるとは分からなかったからだと思う。
わたしも念のためカンペ用意して、がんばりました。

あー、よっしゃいくぞー!
おしりん、れおな、わんちゃん、おぎりー、なっきぃ、まぁたん、ゆっぴー!
さきぽん、ゆめち、かおたん、じゅなぁぁぁー最強研究生!


アップカミング公演のマツムラブ!のなにが好きかって、サビの部分はみんなで歌いだす、ということ。
かおたんだけでもナゴヤドームで泣かされたけれど、
研究生みんなでいじらしい恋のうたを歌いだすことでよりいっそう伝わってくる。

こあみや、るみがいる!るみがいる!!るみサイにしよーかな()
続く「誰かのせいにはしない」でるみが引っ込んで、とっても残念。アルバムの個人MV、るみなのにね。

結局、るみと樹奈ちゃんのサイリウムを振っておりました。
「ハート型ウイルス」だなんて、みんなかわいくなっちゃうに決まってる!
さきぽんがかわいいのはわかってる。ゆっぴーのふわふわ感がぴったり。
でもって、じゅなちゃんがかわいいよーーー!!
山田樹奈さんは、すごく地下アイドル感があるんですよね…メジャーじゃない感じ。
気持ちのよい激しさのダンス、振りまくかわいらしさ。うん、いいなあ。

「ヒグラシノコイ」。
かおたんとおしりんはコンビなのでしょうか?
おしりんってなにが魅力なのか今までいまいちわからなかったのだけど、
劇場で見ると、惹かれるものがあるような気がしました。
あんなちんちくりんなのに←とてもとても懸命なんですよ?

「ガラスのI LOVE YOU」
ゴーゴーレッツゴーレッツゴーさきぽん!ゴーゴーレッツゴーレッツゴーさきぽん!
連番仲間が確実に決めておりました…
さきぽんもれおなもかわいかったなー。
ゆづきって、こういうかわいいのもめちゃんこ似合うんだよなあ。
なによりも嬉しくてたまらなかったのは、こあみが!こんな!可愛い曲を!!
よかったね、こあみ。そのことはお見送りで伝えたかったのに、言えなかったな…

アップカミングチャレンジ。
こあみが顔からスライディングとか、アイドルの常識をひょいと飛び越えていくところが最高。
じゅなちゃんの水色の衣装がきゃわわでした。

そして、「1!2!3!4!ヨロシク!」です
アップカミング公演で、この曲が来たってことは…フル尺。
闇にほうむられたかのような、まなつパートのセリフが今よみがえる。
まなつパートのセリフは、佐々木柚香でした。しかも下手よりで。
ゆっぴーがあのセリフを言ってくれた瞬間。
全身がカッと熱くなって、一気に涙がこぼれ落ちた。
まなつに捕らわれたあのセリフを救ってくれたゆっぴーに感謝です。

本編最後は、「あっという間の少女」
劇場公演頑張り組という皮肉めいた成り立ちの佳曲。
研究生がこの曲を歌うことは、正直ぴったりだと思いました。
じゅなちゃんが下手で元気いっぱいに躍動してくれる。
じゅなちゃんが担ぎ上げられる。曲終わり「樹奈ちゃん!」叫んでしまったよね。


全体としては、やはり助っ人正規メンバーのがパフォーマンスよかったです。
ムラがあって、揃っていないようなところもありました。
しかし、そんなこと気にしなくていいほどに気持ちを感じました。
ハイレベルな公演というよりも、気持ち動かされる劇場公演でした。
だからこそ、感想のときにりぃちゃんが感極まってしまったのだと思います

お見送り…いいですよ。
順番は1列目→立ち見席→2列目→3列目…でした
下手からステージのメンバーに見送られて、上手前方の扉から退出。
旧劇場でのお見送りや、ハイタッチよりもゆっくりです
全員にありがとうが言えて、さらに数人と会話のキャッチボールできました。

公演後は名古屋の仲間と飲み
気に入らないことをバッサリ切り捨てるように喋るくせ止めたいですw
アンコールには悔いが残りますが、公演そのものには大満足でした。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する