2014年10月 の記事一覧

『きっとライトにSKE・柴田阿弥』ありがとうございました。

あやの気持ちあなたに届けー
fc2_2014-02-01_07-05-23-266.jpg

この
かつて使われていた公式ブログのヘッダー
手紙に書いてある「あやより」が気になったのが、柴田阿弥さんに想い深めていくきっかけでした。

2011.09.27 はじめて入った劇場公演。阿弥ちゃんは研究生公演の応援で、笑顔全開。

11月末。リクアワ2011直前に、このブログはSKEを応援するブログになりました。
はじめは『きっとライトにSKE・AKB』というタイトルでした。

2011.11.27 リクエストアワー2011 2日目3階から見つめました。
開演前、となりの方に誰推しですか、と訊かれて「柴田阿弥さんです」と初めて答えた日。

2012.01.12 柴田阿弥が好きだー!という気持ちを全面に押し出すために。
この日、ブログタイトルが『きっとライトにSKE・柴田阿弥』になりました。

2012.01.31 チームE「パジャマドライブ」公演を見ることができました。柴田阿弥さん単推しに。

2012.03.20 阿弥ちゃんと、初めての握手
3/20オキドキ大阪握手会 秦佐和子・柴田阿弥レーン1回目
握手直後、寒い外のベンチで興奮冷めやらぬうちにまとめました。初々しいな…

2012.03.28 チームE「パジャマドライブ」千秋楽 名古屋でモニター鑑賞しました。

2012.04.10 ガイシ直前、研究生公演が当たりました
ガイシのチケット外れていたので、劇場で満足するくらいの気持ちで。

2012.04.14
2012.04.15 ガイシコンサート。痛い出費でチケットを確保して、
土日とても休みにくい仕事なのに強引に土曜朝切り上げて両日参戦しました。
2012 ガイシ SKE】で検索すると、
環境にもよりますが、いまだに当ブログのセットリスト記事がトップに来ます(どや
1日目終わり、混雑を避けて柴田駅まで歩いたのはいい思い出ですw他に誰もいなかった。

4月末 「あうんのキス」MVショートバージョン公開。

「あうんのキス」Short ver.は柴田阿弥祭り!

2012.05.22 高松ミニ握手会。気持ちまるで伝えられなくて帰り道涙が止まらなかった

6月あたま ブログお引っ越ししました。『ske48shibatar.blog.fc2.com』

2012.06.18
2012.07.06 AKB美術展に行ってきました「万能ガールの新境地」
AKB美術展、撮影写真まとめ(6/18,1430~、1回目)
AKB美術展、撮影写真まとめ(7/06,1830~、2回目)

2012.07.23 めざましライブに当選。実質2列目の至近距離に感動!!

7月末の公演から、おそらく阿弥ちゃんは意識してDMMにもビームを送りはじめました。
劇場が100連敗するほど当たらなかった私には、とてもとても嬉しいものでした。

2012.08.28 サンシャインスタジオチームE最終公演、名古屋でモニター鑑賞
そのあと、バーカナリアのラストナイトに参戦!はじめて劇場の最前を知る

2012.09.02 はじめての個別握手&写メ会 バズーカ砲で打ち抜かれる。
9/2 1830m大握手会&写メ会6部 柴田阿弥1回目

2012.09.24 名古屋市営地下鉄SKEアルバム交通広告を撮影に行く 
RIMG0020_convert_20120927210024.jpg
名古屋市営地下鉄SKE48アルバム交通広告/名駅
名古屋市営地下鉄SKE48アルバム交通広告/栄
名古屋市営地下鉄SKE48アルバム交通広告/集中貼メンバーサイン色紙風
夜、名古屋で阿弥ちゃんHKT公演サプライズを知り、沈む

9月末、月刊エンタメさんに掲載された阿弥ちゃん初水着をブログにアップ さまざまな反響が!

2012.09.30 SKE渋谷ショップ閉店。台風接近の中、もちろん行く

2012.10.05 阿弥ちゃんのMV撮影地、相模原公園へ聖地巡礼
ayaalbum_convert.jpg
柴田阿弥『パレオはエメラルド』MV聖地巡礼、相模原公園

2012.10.12 リクアワ2012で「あうんのキス」7位入賞、抹茶ラテで祝勝会
fc2blog_20121012210359c1c.jpg
ちなみに当時阿弥ちゃんがお気に入りだったのは
写真いちばん奥のセブンイレブン・濃厚な抹茶ラテでした(現在は販売していません)

2012.10.14 2回目の写メ会 奇跡の同じショットに、泣く
10/14 1830m大握手会&写メ会6部 柴田阿弥2回目(写メあり)

2012.10.25 ダイアモンドホール出張公演、研究生公演が当たり入場。初のビンゴ抽選


…この公演をさいごに
2013年末、劇場1周年公演までまったく当たらず
コンサートもすべてハズレ
逆上がり公演がついに一度も見られなかった
阿弥ちゃんの公演にいたっては、丸2年以上見られなかった

それから、2014年
ナゴヤドームで、うちわを見つけてくれたこと
バレンタイン公演のチョコの奴隷が最高すぎたこと
手つな初日の「大好き」で、まっすぐ大好きの目線がもらえたこと

もう思い残すことはありません。

ーーーーーー

最後まで見届けてあげてください。
このブログをはじめたきっかけとなった方からそう言われていましたが
…ごめんなさい。

理由は、
阿弥ちゃんのかわいい写真を努めて上げてきたつもりなのですが、
さいきん、というか今年に入ったくらいからそう思えなくて。
グラビアとかかなり出るようになりましたが、
個人的に気に入っているのは月刊エンタメさんでの表情くらい。
表情の見せ方とかが変わったのかな?

公演で見せるパフォーマンスとかは、変わらず好きです。
今からさらに上のステージに上がって行けるように願っています。
まだすきだなあ、って思えるうちに
柴田阿弥応援ブログとしては幕引きしようと思います。

6周年のステージ
じゅりな、れながいて、あかりんがいて
そして阿弥ちゃんがいて。…そこまでやってきました。

油断していたら足もとすくわれる。
はたちそこそこの小さな少女がどんなに強い固い決意で、信念でいたとしても
たくさんの誘惑の中と、激しい荒波の中でそのままでいられるのか

17位になっても阿弥ちゃんは変わらず謙虚であり続けた。
それって、すごいことだったと思う
でも、さすがに今回は変わってしまったのかもしれない…
そんな声も握手会の会場でききました
本来なら、そんな時こそ支えなきゃ。そうするべきなのですが、
その役目は、もっとちゃんと今の阿弥ちゃんに魅力を感じる皆さんに託します。



推しは、48グループではもう作らないことにしようと思っていますが
SKEのことは、まだまだボロ泣きするくらい好きでしかたないので
新たなお気に入りをのんきに探しつつ、SKE応援ブログとして続けます。
いろいろいじってもしかたないので、
タイトルは『きっとライトにSKE!』ということにします。
シバターなアドレスですが、そのままです。
上へ上へとのぼり続けてきた阿弥ちゃんを見つめ続けてきた時間は
大切な時間でした。消す必要などありません。
記事は、これから阿弥ちゃんを知ってくださる方のために全部残します。

コメントで、現場で、支えてくださった皆さんに
ブログ読みに来てくださったすべての皆さんに限りない感謝をこめて
ありがとうございます!!!

何よりも、柴田阿弥さん。ありがとうございます!!!
3年間、夢中になれる最高の時間でした。

『きっとライトにSKE・柴田阿弥』ありがとうございました。
関連記事

アンチにならないようがんばります☆


もうひと記事だけ。
見て下さっているみなさま、ありがとうございます。
ツイッターでは超有名まとめの中の人から返信いただいて感激しましたし
先日AKB劇場さっほー生誕モニター観賞後にも(なぜAKB笑)ねぎらいの言葉いただきました。

「推し切った、って感じがします」
「ほんとうに、おつかれさましかないです。」
こういったことばたちをたくさんたくさんかけていただけるのは、有り難いことですね。

「アンチにならないか、心配。」
これはわたしも、ちょっとだけ不安だったりしてw
今まではグラビアとかかわいくなくても、そうだ、カメラマンさんのセンスに難あり!
カメラマン替われヲタクがしばたさんの魅力引き出しちゃるくらいに思っていたのですが、
これからは、やっぱりしばたさん変わっちゃったのかなあ(どんより)
というふうになって、積み重なるとイラッと来てしまうかも?気をつけます。
とりあえずきのうの劇場公演DMMで見てみました。うーん、やっぱ阿弥ちゃん見ちゃうな。

ーーーーーー

コメントありがとうございました!

はいぽさん
お久しぶりです!
山田みずほ「青春が息をする。」への共感は、とても嬉しい記憶です。
【KⅡ昇格記念】青春が息をする。山田みずほ
SKEファンのはじっこで、隠居のように細々としたブログになりそうですが
またよろしくお願いします!
※はいぽさんのブログは、SKE・NMBを中心に、グループの公演や選抜のポジション
 スケジュールやG+のまとめなど更新されているデータ系まとめブログです。
 何度もお世話になってます!! → http://ameblo.jp/hypo529/

もっちーさん
いつも読んで下さっていても、コメントは…ほとんどの方がそうだと思います
もちろん読んで下さっているだけでとてもありがたいのですが、
書き手にとってはコメントのような形になると、やはり励みになります。
阿弥ちゃんの熱い記事は、もう書けないかなあ。
ひところの記事を読み返すと、自分でも暑苦しいくらいです笑
ひさしぶりの握手は、笑顔で行かれて下さいね!!!
劇場公演も、このところ新規優遇っぽくないです。まわりけっこう当たってます
ここにコメントくださる方よく当たるんですよ!?公演当選祈願!
SKEで、いいことたくさん起こりますように。ありがとうございました!!

ラブリーナさん
こういう答えになってしまいました…
握手会は、さいごにあのころの阿弥ちゃんに一瞬でも会えてよかったのですが。
2年以上推しの公演干されて、あまりに高くなってしまった劇場公演への期待値を
そのハードルを、越えてくれなかったところがいちばんはじめの?でした。
これ以上続けていたら、ウソの応援ブログになってしまうから、だから幕引きです。
かってに
阿弥ちゃん応援ブログどうしの親近感を感じておりました。
握手会会場でいちばんはじめに話せたのがラブリーナさんだったりします。
応援ブログの先輩に、ただただ感謝ばかりです。
速報8位で1000アクセス来たときも、それ以上のアクセス来ているにもかかわらず
阿弥ちゃんへの想い通常運転のラブリーナさんブログを見て落ち着きを取り戻しました笑
当日券あたりでふらふら握手には行くかと思います。
また現場で、よろしくお願いします!
※こんな弱小ブログが紹介するのはたいへんおこがましいのですが…
 柴田阿弥応援ブログといえば。 → 寝ても覚めても柴田阿弥@生涯単推し宣言

あせいさん
お久しぶりです!
久屋大通の交差点で一瞬だけお会いするとか、すごかったですよねw
わたし自身がこういった応援ブログでアイドルを知っていった人なので
阿弥ちゃんを知っていく過程にこのブログが少しでもお役に立てていたなら
…続けてきてよかったなって、思います。
変わらずにいるなんて、きっとムリ。
変わるなら、見える世界が変わったこと、得た経験を生かしてよりよく変わってほしい。
ささやかな願いです。

ーーーーーー

こんな応援ブログがあったこと
阿弥ちゃんはきっと知らないと思うけど。

SKEファンのみなさま
柴田阿弥ファンのみなさま、ありがとうございました。
すべてのかかわってくれたひとに限りない感謝を込めて。

やっぱ、阿弥ちゃんだなぁー!
\だなぁー!/
関連記事

これからは箱推し! ~いざ、アップカミング公演~

新装開店!
と行きたいところですが、あまりに突然すぎて。
もう少し休みたかったけれど…こんなに嬉しい知らせはありません!


リクアワ、ことしは応募もできませんでした。
その代わりにしては、いいや、それ以上の劇場公演当選がやってきた!
箱推し全開で、きゃっきゃ確定です☆


ゆるゆるペースで、ブログ続きます。
よろしくお願いします。
関連記事

きょうも羽豆岬が呼んでいるんだ

朝の名鉄河和線富貴駅。内海行きに乗り換え。


名駅方面への電車を待つ背広姿や制服姿を見て我に返る。

平日休みなのはそういう仕事だからいいとして
当たり前のように
名古屋での劇場公演に応募して
当たったら夜行バスに飛び乗って早朝名駅へ
ESDの看板ひとしきり見て「みずほがかわいい!」とつぶやき

うーめーもーとーまーどーかーwww


まわりとずいぶん違う気がする。
でも同じな必要はないし。
名古屋に来たら、羽豆岬に足が向く。
けっこう合理的なんですよ?大須とか11時くらいから店開くからそれまでヒマ
5時58分の河和線で羽豆岬を目指すと、
内海7時15分発の海っ子バスに乗れて7時49分には師崎港へ。
つまり8時前に羽豆岬に行けるのです☆

朝の羽豆岬は静かで、断然おすすめ!

一時間ほど滞在して
8時45分発の内海行きに乗れば、10時30分頃には金山まで戻れます。
個人的にはなんて素晴らしい時間の有効活用!と思っているのですが…?

ちなみに
クルマのほうが早いです。
以前羽豆岬でお会いした方に大須までクルマ乗せてもらったとき
有料道路乗っていったら一時間くらいでしたよ。


羽豆岬につきました。




朝は訪れる人も少なく、空気も爽やかで気持ちがいいです。
絵馬もゆっくり書けますよ

…なんだかすごく有名な方のとなりに(笑)

さあー、名古屋に帰りましょう!
時間余ったら師崎港売店の穴子天ぷらがおいしいですよ。
関連記事

10/24アップカミング公演~秋~アンコールのこと

アップカミング公演~秋~のアンコール

現場にいたひとりとして
また、研究生コールを投げ込んでしまったひとりとして、ごめんなさい。


口上、そしてアップカミングコールを発動された方は
下手前方で口上のカンペも用意して研究生コールを発動する動きを
それは違うだろうと阻止すべくアドリブで発動されたそうです。
自らも研究生推しだけれど、正規メンバーにサポートしてもらっている
アップカミング公演は研究生公演ではないのだから、
研究生コールにしてはいけない、という想いからだったようです。
しかしながら、いろいろ問題がありました。

・アドリブでの口上
たどたどしくて、想いは感じたものの気持ちが先走り
まったくその場を統一できていませんでした。
・「アップカミング」というコールの選択
口上がそれなのに、まさかの「アップカミング」でまわりも騒然。
なんじゃそら、といったように支持が得られていませんでした
・まさかの「イイデスイイデスイイデスヨ!」
あんにゃがサポートで出演していたならまだしも、
この無関係なところで…もはや失笑ものでした

研究生コールを阻止したい一心で発動されていたものの
実際は、付け入る隙だらけだったと思います。


ゆるゆる始まったアップカミングコールは
わずか2回で通常のアンコールにかわりました
このアンコールをかぶせた方は、
「普通の公演なので普通のアンコールがよいと思った」そうです。

わたしは3列目下手で見ていましたが
研究生コールを発動しようと準備していたわけではありません。
客席はアップカミングコールからざわついていたのに
普通のアンコールに変わってもざわざわしていました。
もしかすると研究生コールを発動しようとしていた方も
同じ下手前方にいらっしゃったようなので、「研究生じゃないの?」
のような声を感じて瞬間的に「研究生!」を投げ込んでしまいました。
…軽率だったと思います。
「アップカミング」→「アンコール」→「研究生」
ころころ変わるとか、ぐだぐだでしかない。
それでもやらないよりはましと動いてしまいました。すみませんでした。

「研究生」コールでもよいと思った理由は、
事前発表の出演メンバーは研究生だけであることと
アップカミング公演のチケットにはチーム名が書かれる場所に
「SKE48研究生」と書かれていたから、適切と考えてしまいました。
助っ人正規メンバーに失礼では、というような考えもありましたが
アップカミング公演は研究生のための公演と思えるし、
不快にはならないとも思いました。
しかし、違和感を感じていたのは正規メンバーより、研究生たちだったんですね…

「アンコール」以外のコールは特別な日だけにすべき、
という意見は私も基本的に賛成です。
しかしながら今回の公演ははじめての「アップカミング公演~秋~」でしたし
新たなセットリストでもありましたし、通常公演でもないと思えました。


連番の方と声を出し、研究生コールはかなり拡がっていきました
それなりに、研究生コールがよいと思っていた人もいたのだと思われます
しかし、上手後方?からの怒号のような「アンコール」に圧されてしまいました
「研究生!」の声を荒らげて対抗するのは違うと思いました
結果、
「アップカミング」→「アンコール」→「研究生」→「アンコール・研究生」
あのようなひどすぎるアンコールとなってしまいました。


かおたんや、おぎりーといった
メンバー発信で「研究生コールは違う気がする」と言われてしまいました
メンバーの気持ちを尊重したいと思います。申し訳ありませんでした。
関連記事

141024 SKEアップカミング公演~秋~ 公演入場の感想

2014年10月24日(金) 開演:18:30~
「アップカミング公演~秋~」 SKE48研究生
SKE48劇場公演9回目 SKE48専用劇場5回目
アップカミング公演初入場 研究生主体の公演入場は2012/10/25以来
ビンゴ抽選9巡目入場 3列目下手からの感想

出演メンバー
青木詩織・井田玲音名・荻野利沙・鎌田菜月・佐々木柚香・竹内彩姫・松村香織・山田樹奈
サポートメンバー:阿比留李帆・日高優月・加藤るみ・小林亜実

ーーーーーー

影アナ:佐々木柚香

M00 overture (SKE48 ver.)
M01 マツムラブ!
M02 誰かのせいにはしない (青木、井田、荻野、鎌田、佐々木、竹内彩、山田樹、日高)
M03 オキドキ

自己紹介

M04 ハート型ウイルス (山田樹奈、佐々木柚香(センター)、竹内彩姫)
M05 ヒグラシノコイ (青木詩織(黒)、松村香織(白))
M06 ガラスのI LOVE YOU (井田玲音名、竹内彩姫、小林亜実、日高優月)
M07 涙の湘南 (鎌田菜月、阿比留李帆、青木詩織、加藤るみ、荻野利沙)


アップカミングチャレンジ (VTR:惣田紗莉渚、小石公美子)個性派の先輩達を倒せ!
■ポーズ対決
お題にそったポーズを研究生と正規メンバーが同時にとる
研究生が個性派の正規メンバーと同じポーズをとれたらOK
1回戦 釣り - 研究生勝利
2回戦 野球 - 研究生勝利
3回戦 得意な生写真のポーズ - 正規メンバー勝利
4回戦 熱いものを冷ます - 正規メンバー勝利
5回戦 マツムラブ!の個人の決めポーズするところ - 研究生勝利
3 - 2で研究生の勝利で8連勝


M08 1!2!3!4! ヨロシク!(セリフ竹内彩姫、青木詩織、鎌田菜月、佐々木柚香、井田玲音名)
M09 あっという間の少女


アンコール

M10 拗ねながら、雨… (研究生)
M11 ひこうき雲
M12 大声ダイヤモンド

感想 / 阿比留李帆

M13 SKE48

ーーーーーー


夜行バスで名古屋へ。
すぐに名鉄で知多半島を南下します
数えてみたら、羽豆岬へは今回で11回目の巡礼でした。
何度でも、行きたくなるところなんです。SKEが好きならば、そう思える名所です。

帰りは神宮前のひとつ手前で降りて、「ラーメン福」へ。
名古屋のローカルラーメンチェーンを、いちど押さえておきたかったんですよね。

また名鉄乗っても金山で乗り換えだしなあ、と近くの地下鉄駅まで歩くことにしたら
あ。熱田神宮が近いんだ。

実はアイドルのライブ応援で定番の『MIX』ゆかりの地が熱田神宮の某所にあるんですよ。
「タイガーロード」と言われるその道で20年前にタイガーshoutが生まれました。
MIXについては、改めて記事を書きたいと思います。
誤解している人がすごく多いですが、MIXはAKB発祥ではありません!!

【今のところ、ここまでMIXの記事書いてあります】
SKE劇場がovertureにてMIXを打たない理由/そもそもMIXってなんなの?
間違っているところ、修正予定。そもそもMIXは、打つものではないと今年になって知りました。

はじめてタイガーロードにたどり着くことができて、感激しました。
『イェタイガー!』


サンシャインサカエに移動して、アップカミング公演のタオルとシャツを求めました。
タオルは公演で振り回してねと言われていたのに、夕方5時には売り切れてしまっていました。
直前に来た人買えなかったんじゃないか…

カフェで、しばしのんびり。
くまちゃんの肉巻きおにぎり食べました。おいしいですよ!

10日ほど前から持ち込み手荷物はビニール袋ではなく、プラスチックのカゴになっています。
なので整列時間が近くなると、サンシャインサカエのあちこちにカゴを持った人がいますw
時間差でカフェにいた仲間と合流して、連番で公演に臨みます。


ーーーーーー

「マツムラブ!」
最強研究生MIXがイマイチだったのは、確実にマツムラブ!をやるとは分からなかったからだと思う。
わたしも念のためカンペ用意して、がんばりました。

あー、よっしゃいくぞー!
おしりん、れおな、わんちゃん、おぎりー、なっきぃ、まぁたん、ゆっぴー!
さきぽん、ゆめち、かおたん、じゅなぁぁぁー最強研究生!


アップカミング公演のマツムラブ!のなにが好きかって、サビの部分はみんなで歌いだす、ということ。
かおたんだけでもナゴヤドームで泣かされたけれど、
研究生みんなでいじらしい恋のうたを歌いだすことでよりいっそう伝わってくる。

こあみや、るみがいる!るみがいる!!るみサイにしよーかな()
続く「誰かのせいにはしない」でるみが引っ込んで、とっても残念。アルバムの個人MV、るみなのにね。

結局、るみと樹奈ちゃんのサイリウムを振っておりました。
「ハート型ウイルス」だなんて、みんなかわいくなっちゃうに決まってる!
さきぽんがかわいいのはわかってる。ゆっぴーのふわふわ感がぴったり。
でもって、じゅなちゃんがかわいいよーーー!!
山田樹奈さんは、すごく地下アイドル感があるんですよね…メジャーじゃない感じ。
気持ちのよい激しさのダンス、振りまくかわいらしさ。うん、いいなあ。

「ヒグラシノコイ」。
かおたんとおしりんはコンビなのでしょうか?
おしりんってなにが魅力なのか今までいまいちわからなかったのだけど、
劇場で見ると、惹かれるものがあるような気がしました。
あんなちんちくりんなのに←とてもとても懸命なんですよ?

「ガラスのI LOVE YOU」
ゴーゴーレッツゴーレッツゴーさきぽん!ゴーゴーレッツゴーレッツゴーさきぽん!
連番仲間が確実に決めておりました…
さきぽんもれおなもかわいかったなー。
ゆづきって、こういうかわいいのもめちゃんこ似合うんだよなあ。
なによりも嬉しくてたまらなかったのは、こあみが!こんな!可愛い曲を!!
よかったね、こあみ。そのことはお見送りで伝えたかったのに、言えなかったな…

アップカミングチャレンジ。
こあみが顔からスライディングとか、アイドルの常識をひょいと飛び越えていくところが最高。
じゅなちゃんの水色の衣装がきゃわわでした。

そして、「1!2!3!4!ヨロシク!」です
アップカミング公演で、この曲が来たってことは…フル尺。
闇にほうむられたかのような、まなつパートのセリフが今よみがえる。
まなつパートのセリフは、佐々木柚香でした。しかも下手よりで。
ゆっぴーがあのセリフを言ってくれた瞬間。
全身がカッと熱くなって、一気に涙がこぼれ落ちた。
まなつに捕らわれたあのセリフを救ってくれたゆっぴーに感謝です。

本編最後は、「あっという間の少女」
劇場公演頑張り組という皮肉めいた成り立ちの佳曲。
研究生がこの曲を歌うことは、正直ぴったりだと思いました。
じゅなちゃんが下手で元気いっぱいに躍動してくれる。
じゅなちゃんが担ぎ上げられる。曲終わり「樹奈ちゃん!」叫んでしまったよね。


全体としては、やはり助っ人正規メンバーのがパフォーマンスよかったです。
ムラがあって、揃っていないようなところもありました。
しかし、そんなこと気にしなくていいほどに気持ちを感じました。
ハイレベルな公演というよりも、気持ち動かされる劇場公演でした。
だからこそ、感想のときにりぃちゃんが感極まってしまったのだと思います

お見送り…いいですよ。
順番は1列目→立ち見席→2列目→3列目…でした
下手からステージのメンバーに見送られて、上手前方の扉から退出。
旧劇場でのお見送りや、ハイタッチよりもゆっくりです
全員にありがとうが言えて、さらに数人と会話のキャッチボールできました。

公演後は名古屋の仲間と飲み
気に入らないことをバッサリ切り捨てるように喋るくせ止めたいですw
アンコールには悔いが残りますが、公演そのものには大満足でした。
関連記事