2014年09月 の記事一覧

阿弥ちゃんはかわいいなあ。ココイチもシバイブも。

ここのところ
更新がとっても少ない最大の理由は、載せたい!と思う画像とかあんまりないからだったりして。

…いやいや、載せたくてたまらないでしょ。これは。
16cfaf47.jpg

d1ab7756.jpg

あたらしいユニフォームがかわいすぎるのか
阿弥ちゃんがかわいいからユニフォームが引き立つのかもうわかりません
とりあえず、この子が働いてるココイチに行きたいです…

柴田阿弥
一般公開で共有しました - 昨日 21:03

今日はCoCo壱番屋さんとの
コラボキャンペーンの記者発表に
行かせていただきました♡

またこうしてCoCo壱番屋さんと
キャンペーンさせていただけるのが
本当に嬉しいです(。・ω・。)


CoCo壱番屋さんだいすき〜♡

今回のわたしの推しトッピングは
ソーセージヾ(о・ω・о)ノ

カレーとソーセージ!
とっても合うんですよっ♡


ぜひみなさん食べてくださいね♡
74c483a0.jpg


8fe7b87d-s.jpg
キャンペーン詳細はこちらから→http://www.ichibanya.co.jp/campaign/ske48_topping/


ーーーーーー

ーーーーーー

ほんでもって
なんじゃこら!!!!

柴田阿弥さんギャルになる。「バナナ塾」
5df5f3c9-s.jpg
13a82e21-s.jpg
a78af5ee-s.jpg
67e037d5.jpg

あれ?かわいい。

2449e5bd.jpg

わたしは今の公式プロフィール写真が嫌で嫌で仕方ないんです
ちっともかわいくない。と個人的には思っているのでギャルのほうがいいと思っちゃう。

141e8116.jpg
be26d803-s.jpg
2cd6654a-s.jpg


ひとりのバラエティのしごとで
これだけ突き抜けた企画をよく出してくれたしよくやりきったなと手放しの喝采。
あしたの公演とか、さっそくチョリザース!炸裂しそうww 

阿弥ちゃんの可能性は、まだまだ無限大みたいで嬉しくなった一日でした。
関連記事

RYUKYU IDOL(琉球アイドル)東京遠征ノンストップライブに初参戦

わたしはSKEのブログを書いている人の中で、
おそらくトップクラスに地下アイドル、ライブアイドルを見てると思います。
だからこそ書ける視点のSKEの記事もあると思いますし、
なによりも、SKEってメジャーアイドルの中でも
活動内容やファンの感じがすごく地下アイドルっぽいような気がします。
今回は、強烈にとんがってるアイドルにはじめて会いに行ったお話。

ーーーーーー

ライブアイドルを応援していて思うこと
熱いパフォーマンスのライブが観たい。
それだけじゃなくて、熱いフロアでライブが観たい。
全開MIX打って、ジャンプしまくって
前列で熱いケチャを送り、楽しい時間を皆で共有する


RYUKYU IDOL
ハートのエナジーという最高にタカまる代表曲があるのですが、USTREAMでライブ映像を見て、どうしてもこのアイドルに会いに行きたくなった。
パフォーマンスがめちゃくちゃに激しい。
それを受けてのフロアがまた、めちゃくちゃに楽しそう!
パフォーマンスがわけわからん。だって、ハートのエナジー4連とかやりだしちゃう。同じ曲をノンストップで4連続。なんかトランス状態になってくる。曲は最高にタカまる名曲。ステージからの煽りも相まって、くるったように盛り上がるフロア。

…見に行くしか!
しかしながら琉球アイドル、なので拠点は沖縄。なかなかハードルが高くて。東京遠征のタイミングを狙うも、当然ながら来るのは土日ばかりで平日休み中心の私には行きにくい。半年かかってしまいました…


金曜日、夕方。上野BRASH
5時すぎにしごと切り上げられれば、7時には都心に来られる。
RYUKYU IDOLはお昼に東京にやってきて、その日夕方ステージに立つ。
そうやって、ついにわたしは琉ドル初体験となったのでした。

20分ステージ、自己紹介も省きノンストップ5曲。
楽しかった。想像以上。物販で「明日も行くかも」みたいな事言ったのはじめてだ。
物販のシステムは、正直わかりにくかった。かなり戸惑った。
スタッフはひとりで、主に2ショットチェキを撮影している
なので、チェキの受付は手の空いたメンバーがやっている
受付したら、物販付近で呼ばれるのを待ちます
メンバーの余裕があれば撮影、交流可のようなので、物販前には人が多い

…結果、知り合い誰もいない完全ご新規さんどうすればいいかオロオロ
意を決して受付っぽいメンバーに話しかけてみた


「まいちゆう」さん。
チェキの受付とともに、他の物販も同時進行みたい
CDやDVD、シャツやタオルがありました
ハートのエナジーCDが残りわずかで、手に入れられてよかった
(今回の東京遠征中に完売したそうです)
お代を払うときに、「コンパクトですね!」って驚かれた
物販でまごつきたくないので、並ぶ前に定期入れにお金を移し替えるようにしてる
アイドルにそんなこと言われたのはじめてだ。
そりゃそうだ。
他のアイドルの物販では、スタッフさんにお金払ってるから…


土曜日、夕方。新宿MARZ
出演時間が7時半からで、しかも50分ステージ
これは…見に行くしかない。逃したらまた半年先かもしれないもんね。

“アイドル緊急招集”というタイトルのイベント
なぜか転換の待ち時間の曲が
石川県のアイドル「じゃんぴん」じゃんぴんのびゅーん!
…なぜだ。
そしてわかる、わかってしまうわたしなんなんだ。

琉球アイドルのステージがはじまる。
昨日の上野よりずっと多いお客さん、心地よい緊張感。
1曲目から、きた。ハートのエナジー!
しかもしかも、当たり前のように曲は連続して…あの4連を、目の当たりにできる興奮
50分、ろくなMCもなく自己紹介もなく、ノンストップライブ!アツすぎる
不慣れながらも楽しんだ。とにかく動いた。ジャンプしまくった。駆け出しまくった。

躍動感が写真で伝わらない泣

終わったあと万歩計を見たら、歩数がすごいだけでなく
そのへん走ってきたのかってくらいの運動強度だったみたい。
直後、「やべー楽しすぎる!」とか仲間に言いまくっていたオタさんがいたけど
まったくの同感。ソロ参戦はこういうとき、さみしい。

そのあとの流星群少女も50分ステージ。
福岡のグループで、なんかあってメンバーほぼ入れ替えで再始動したばかりらしい。
みんなちっちゃくてかわいくて12さいのかのんちゃん?とかロリオタほいほいだし、
はじめはあんまり無関心めだったけど
本気のステージに引き込まれていった。
50分とか、初めてらしくて
終わりの頃にはみんな泣いてしまうほど感極まってた
オタさんからCDもらった。こんど聴いてみよう。


さて終演後、物販です
きのう話したまいちゆうさんと、…ほかの子は名前わかんない!
2日間ライブ見たのにどちらも紹介がないとか斬新すぎる
とりあえず名前聴きに並ぶか…って、ええっ!

水着姿なんですけど???

だからなのか、物販は、というかチェキ列は2階まで伸びるいきおい。
チェキはまいちゆうさんと、名前をきいて、
はななんさんにしました。
はななんさんはきのうのライブいちばんキレがよかったと思った子です。
水着姿だろーが手が空いていれば撮影可。
…でも不慣れでうまく撮れなかったよお泣
まいちゆうさん。

はななんさんとのチェキ。

きのうも話したからか、まいちゆうさんとはけっこうくだけて話せた気がします。
ハートのエナジー4連観られてよかったよおおおお!を中心に、熱いライブの感謝を伝えられたかな?

次は半年先にならないうちに見たいな。
アツいステージとフロアに、また飛び込みたい!

RYUKYU IDOL(琉球アイドル)公式→http://ryukyuidol.jimdo.com
関連記事

このブログは、目ヂカラの凄いあの子の応援ブログです。

【みなさまにお願い】
この企画は、まだ情報解禁前です。
柴田阿弥さんは、公式で情報解禁されるまでぜったいに口を割りません。
守秘義務のある仕事です。また、とてもとても真面目な性格でもあります。
「できれば今回のテレビのことには触れないで下さい」とモバメで阿弥ちゃんが強くお願いをしています。「探らないで下さい。ひっかけや、答えを引き出すような質問は信頼関係が壊れてしまうようで…」とも。

週末握手会に参加される方で阿弥ちゃんのモバメとっていらっしゃらない方
または、まだモバメに目を通していらっしゃらない方
…どうか、阿弥ちゃんの気持ちを汲んであげてほしいです。よろしくお願いします。

他にも話したいこといっぱいですよ!
シバイブとか
月刊エンタメさんのセクシーグラビアとか
ココイチのユニフォーム姿の阿弥ちゃんに惚れ直しましたとか
ヤングガンガン売り切れで買えなくてまだ見てないんだごめんねとか←
ね?たのしい握手会にしましょう!



ツイッターで4万リツイート
テレビ歌番組に出演するたび目ヂカラが話題に。

…そしてついに、テレビ関係者がおもしろがり始めた。
こうなってしまうと、制御できない大きな力にもっていかれてしまうかもしれない。
『見つかってしまう』かもしれません。




柴田阿弥さんは、決してここまで平坦な道のりではなかった
もがいてもがいて、懸命に努力を続けてきたからこその今があります。
努力の日々を
このブログでは書き留めてきたので
今までの阿弥ちゃんって、どんな子だったんだろ?
そんな疑問にお応えできる応援ブログを作ってきたつもりです。

今までの長い長い遠回りにも思えた道のり、決してムダじゃない
露出が増えようが天狗になったりするわけがない。浮かれることはあるけれどね
懸命の努力で得たたくさんの経験を活かして


全力で駆け抜けろ!阿弥ちゃん!
関連記事

激流のなかで。柴田阿弥さんへ。

「忙しい」という字は、こころを亡くす と書くんですよね。

阿弥ちゃん。今、激流のなかで、こころを亡くしていませんか…?


週末の握手会 参加したかったです。
阿弥ちゃんと会って話したかった。
阿弥ちゃんを応援する皆さんにもお会いしたかった。

かつて、選抜入りが噂されたころの握手会のあと。
柴田阿弥さんは、情報解禁前はお仕事のこと、決して口を割りません
そういうお仕事です。当然のことです
しかしいち早く喜びを共有したい思いもあるのか、
ファンの多くが秘密の内容を聴きだそうと探りを入れてきたそうです

すごくショックで、トラウマになりかけたとか
家族や親しい友だちに探りなんか入れない。
ファンの皆さんとのあいだに、信頼関係があると思っていたのに…
そう阿弥ちゃんはモバメに想いを綴りました


週末のテレビ番組「PON!」で、
柴田阿弥さんが謎のシチュエーションでテレビ画面に現れました。
きっと何かの大きなお仕事であることは間違いない。でも解禁前。

柴田阿弥さんは、握手会の前に
探りを入れないでほしい、信頼関係があると思っているから
…と、以前と同じような文面でモバメを送ってきました。


握手会の『前に』。


握手会のあと、わたしはこう思っていたよ。
だからこれからはこういうところに気遣いがほしいな。
そうやってのことばには、まだ納得が行くじゃないですか。

でも、今回の場合。
阿弥ちゃんとのあいだに、信頼関係があると思っていたのに…。
…そう言いたいのは、ファンの方ではないでしょうか。

先にクギを刺す
…信頼できていないからです。明らかな失策です。

今回
握手会前には、阿弥ちゃんのことばをそのまま受け取って
ブログの最新記事にお願いとして囲み記事を掲載しました。

しかし裏返して受け取ると、かなしい事実が浮かび上がりました
たかだか5秒や10秒の握手会で信頼関係を作るのは
ファンにとってもメンバーにとっても容易いことではありません
それは努力を続けてきた阿弥ちゃんが一番よくわかっていると思います


それだけじゃなかった
握手会の途中、送ってきたモバメ
お仕事のこと触れないでくれるのは嬉しい
けど、プライベートなことを訊かれるのが多くて困る、どうしよう
…しかも、いつもとまるで違う文面で。

わたし個人の柴田阿弥さんとの握手会で
もっとも失敗したな、という記憶は家族とのことを話題にした時です。
公式ブログでママとの話は数限りなく上げている阿弥ちゃんですが
パパとの話ははじめての生誕祭のお花をパパが綺麗に活けてくれた、
去年の生誕祭でパパからの手紙を受けてのこと
それきりです。
きょうだいがいますが、きょうだいとのエピソードを披露したことは
私の知る限り一度としてありません(知らないだけで、あったらごめんなさい)
もしあったとしても、気づかないほどごくごく僅かなのです
おそらく阿弥ちゃんにとって、プライベートなところは
お仕事とは完全に切り離した聖域であり、ぜったいに立ち入らせない
家族との話題を広げようとしたとき阿弥ちゃんは投げかけに言葉を返さず、
表情と雰囲気で「これ以上はダメ。…察して?」
という空気に圧されて話題を変えざるをえませんでした。

お仕事のことは訊かれなくなったけど
代わりに、もっと耐えられないことばかり訊かれてしまう…
いっぱいいっぱいで余裕をなくして、文体まで変わってしまったのかも。


ファンを想えなくなってしまったのかな、
キャラを忘れてしまったのかな…大丈夫かな?


ここでもうひとつ、問題があります。
先日発売されたブブカのインタビューでも言っているのですが
「わたしのファンの皆さんは意見を言ってくれる人はいなくて」
どうしてだと思いますか?
阿弥ちゃんはこれと信じた道を曲げたりしない。
うらがえすと、違う意見にあまり耳を貸したりしないのです。
どんなに建設的な意見でも、その意見を取り入れた方がよいとしても
自分で納得できない意見は…というところがあると思います。
だから、いろいろ言いたい人は阿弥ちゃんのファンから脱落していったのでは
どんなことをしても
阿弥ちゃんが考えて考えて出した答えを支持してくれる
いいぞいいぞ阿弥ちゃんって言ってくれるファンが支えているのです


この激流の中で
たくさんの人が柴田阿弥さんを知り、新たなファンが増えるといいけど
支えてきたファンが離れてしまったら、ほんとうに困ったとき
阿弥ちゃんの拠り所はどこになるんだろう

ひとりの小さな少女が
メディアの暴風や、巨大組織の闇の中で
どんなに真面目で謙虚な性格であったとしても
ずっと変わらず、そこにあり続けられるだろうか…

いままでどんなことをしても認めてもらえなかったのに
なんだか少しずつ光が当たり始めてるみたい!
天狗とは言わなくても、得意気になっておかしくない。
気をつけたほうがいいよ、阿弥ちゃん。そんな言葉をかけたとしても、
かつてないチャンスを前に慎重になれと言われても
やめてよ冗談でしょってはねっかえされてしまうだろうな。


届かなくても伝えたいんだ。
このチャンスは、真面目で謙虚で諦めないあなたでなければ掴めなかった。
…だから、どうかこれからもそのままの柴田阿弥さんでいてほしいです。

これからは、今まですごく努力していたところが
少しの努力でいろんな願いが叶っていくかもしれません。
そうしたら、今までできなかったほかの部分でいっぱい努力できます。
真面目さと謙虚さ、阿弥ちゃんのいいところは
これから活かされる場面が数限りなくあります。
突然売れて、でもすぐにいなくなる芸人やらバンドは
売れて方向性が変わったり、天狗になってそっぽを向かれるもの

今まで続けてきたこと、これからも続けていけることが大事です
そっぽを向かれた一発屋のように、阿弥ちゃんがなってほしくはない。


一個人の、一ファンの意見に過ぎません。
それでも3年近く阿弥ちゃんのことばかり考えながらブログ書いてきました
少し距離を置くようになってしまいましたが、
この距離だからこそ、盲目的ではないからこそ言えることもあると信じて。

9/23
1年ぶりに、阿弥ちゃんのところに握手に行きます
変わらない阿弥ちゃんでいてね。と伝えに行こうと思います。
関連記事

有吉反省会に柴田阿弥さんが出演。バラエティの演出ですよ、きっと

14232011.jpg
↑クリックで9/21まで日テレ公式で放送された番組がご覧いただけます

有吉反省会 http://www.ntv.co.jp/hanseikai/

ーーーーーー

bcaabc31.jpg
3ccbe2a4.jpg

テレビの力は、とてもとても強いものです。
バラエティの味付けは、濃いめの味付けです。
計算高い嫌ーなアイドルな感じに仕立て上げられたところもあります。
たくさんの誤解を招きかねない演出だったかもしれません。

7763cd0e.jpg


今回見せた阿弥ちゃんがほんとうの阿弥ちゃん?
今までの阿弥ちゃんがほんとうの阿弥ちゃん?
どちらでもなくほんとうの阿弥ちゃんはいまだ見せていない?

その答えは
これから柴田阿弥さんがSKEの活動の中でしっかりと見せてくれるはず。
バラエティは、おもしろおかしくてナンボ
テロップひとつでいくらでも盛れます。

e7366711.jpg
91ba7f85.jpg

いままで
一歩一歩、ゆっくりとした歩みでした

確実に流れが変わります。
変わってしまうことは避けられない。

変わってしまった、その先に
それでも変わらずそこにあってほしいものは
真面目で謙虚で、地道な努力を続けられる阿弥ちゃんの姿です

どんなに取り巻く状況が変わってしまっても、失ってはならないものがあります。
浮き足立ってしまうのは阿弥ちゃんも、ファンも同じだと思います
今こそ慎重に周りを見渡して、この激流を乗りこえなければ。ただ呑まれてしまわないように。
関連記事

実は、きょうこれから初チーム8です

きょう「手つな」なのに…
でも、今じゃないかなと別に応募したら当たっちまった汗

この度はAKB48劇場公演「一般枠」抽選予約にご応募頂き誠にありがとうございます。

抽選の結果、以下の公演に当選いたしました!!
 2014年09月15日(月) 15:30~ 「PARTYが始まるよ」公演


チーム8です。
出演メンバー
山本瑠香(和歌山県)・中野郁海(鳥取県)・阿部芽唯(島根県)・谷優里(広島県)・下尾みう(山口県)・濱松里緒菜(徳島県)・行天優莉奈(香川県)・高岡薫(愛媛県)・廣瀬なつき(高知県)・福地礼奈(佐賀県)・岩崎萌花(長崎県)・倉野尾成美(熊本県)・吉野未優(大分県)・谷口もか(宮崎県)・下青木香鈴(鹿児島県)・宮里莉羅(沖縄県)


百聞は一見にしかず。
この目で見てきます。感想お楽しみに…
なのにわたしは今お台場にいたりして。
そうです、別現場からまわします。アイドル好きもこじらせると大変です←
関連記事

140915 チーム8「PARTYが始まるよ」公演初入場の雑感

2014/09/15 15時30分開演
AKB48劇場 チーム8「PARTYが始まるよ」公演
AKB48劇場公演3回目 チーム8初見 下手立ち見4列目からの雑感

■出演メンバー
山本瑠香(和歌山県)・中野郁海(鳥取県)・阿部芽唯(島根県)・谷優里(広島県)・下尾みう(山口県)・濱松里緒菜(徳島県)・行天優莉奈(香川県)・高岡薫(愛媛県)・廣瀬なつき(高知県)・福地礼奈(佐賀県)・岩崎萌花(長崎県)・倉野尾成美(熊本県)・吉野未優(大分県)・谷口もか(宮崎県)・下青木香鈴(鹿児島県)・宮里莉羅(沖縄県)

【セットリスト】

M00.overture
M01.PARTYが始まるよ
M02.Dear my teacher
M03.毒リンゴを食べさせて

■MC (自己紹介)

M04.スカート、ひらり (高岡薫・中野郁海・倉野尾成美・谷優里・谷口もか)
M05.クラスメイト (阿部芽唯・下尾みう・宮里莉羅・山本瑠香・行天優莉奈)
M06.あなたとクリスマスイブ (濱松里緒菜・下青木香鈴)
M07.キスはだめよ (吉野未優・福地礼奈・岩崎萌花)
M08.星の温度 (中野郁海・廣瀬なつき・倉野尾成美・谷口もか)

■MC「今後挑戦してみたいこと」

M09.桜の花びらたち
M10.青空のそばにいて


■アンコール モップ隊登場 / 客「モップ」コール  → アンコール

EN01.AKB48
EN02.スカート、ひらり
EN03.桜の花びらたち

■VTR(チーム8の軌跡映像) BGM:47の素敵な街へ


■ダブルアンコール(ダブルアンコールの発動者さん、すごい声量でした!!)

EN04.AKB48チーム8スペシャルメドレー
(1)言い訳Maybe
(2)ポニーテールとシュシュ
(3)ラブラドール・レトリバー
(4)恋する充電プリウス ~恋するフォーチュンクッキー2~

EN05.心のプラカード
EN06.47の素敵な街へ




この日は応援しているアイドルさんがお台場で2時すぎまでライブ。
全力応援で汗だくになった直後上着だけ着替えてゆりかもめに飛び乗りました。
そんなことをしているからかビンゴ抽選ではさっぱり呼ばれず、かなり後方に…
初見ですし、ガチな方がいいとこで見てほしいので入れるだけで御の字でございます。

以前キャンセル待ちで劇場モニター観覧したときと、14人もメンバーが違います
覚えていなかった。新鮮すぎる

あたま3曲
まったく知らない子たちが
懸命に、眼前で歌い踊るのを見ていて思った。
「ああ、AKBは何度でも生まれ変われるんだ。」気がついたら、ぽろぽろと涙がつたっていた。

PARTY公演は、SKE劇場で私が初めて見たセットリストでもあります。
とにかく早く阿弥ちゃんの出演する劇場公演が見たくて応募した2011.9.27
阿弥ちゃんが助っ人で出演した公演でした。
サンシャインスタジオの遠い遠い立ち見の3列目でがんばってステージを見たのがはじまり。
お見送りでの今出舞さんの人懐っこい笑顔に、また来たいなって思って。
加藤るみさんの安定パフォーマンスへの信頼感はこのときはじまりました。
懐かしさと初々しさで、涙腺が緩んだのかな。

3曲目で、ああこの子いいなあと思う子がいたのですね
よーし自己紹介で名前覚えるぞーと思ったら自己紹介で完全に柱の影でした泣
柱のとこにモニターでもつけたらいいんじゃないですか運営さん…


ユニット曲ではたくさんの発見が!
アンコールで名前入りのシャツ着てくれるまで名前もわかりませんでしたが

140919-0071.jpg
倉野尾成美さん。(熊本県)
柱の影にいた子です。いちばんかわいい!と思いました。振りのクセも好み
センターの中野さんと2人で歌うとき、なるちゃんコールが圧倒してました。

柱の影で見られなかったので、載せておきます。この目で見たかった。
140919-0007.jpg
140919-0006.jpg
桜の花びらたちの振りが好みで、またさらに気に入りました。

140919-0072.jpg
中野郁海さん。(鳥取県)
コール圧倒されてても、次のAKBシングルで選抜に入ったのは中野さん。
ちょっとHKT兒玉さんに似ているような感じもしますね。
今、PARTY公演をたかみなさんとかこじはるさんにやられてもチーム8よりダメダメだと思う
中野さんには中野さんなりの輝き方がある。バッシングに負けず、がんばれ。

140919-0063.jpg
谷優里さん。(広島県)
三つ編みで劇場公演に出てこんなにかわいい子いたっけ、みたいな衝撃。
素朴な感じの三つ編みでかわいかったら、もうわたしたちはどうすればいいんだと。

140919-0021.jpg
宮里莉羅さん。(沖縄県)
無邪気さというか、そんな感じがパフォーマンスにそのまま出てくるような。

そして、
あなたとクリスマスイブ。
この曲で涙腺崩壊するなんて、予想もしていなかった。
140919-0029.jpg

140919-0035.jpg
下青木香鈴さん。(鹿児島県)
ステージに彼女が現れた瞬間、あかん と思った。
纏う空気感が、すごく情感たっぷりで小さい身体のどこからそれが出てくるかわからない。

140919-0033.jpg
濱松里緒菜さん。(徳島県)
年長組で、MCも上手。この曲でも下青木さんにやられていたら、
絶妙なハーモニーでたたみかけてくる。涙がずっと止まらなかった。

あまりにすばらしかったのでもう何枚か。
140919-0026.jpg140919-0027.jpg

140919-0031.jpg

140919-0030.jpg
140919-0025.jpg


ダブルアンコールはすぐそばにいた方が発動したのですが、ものすごい声量でびっくり。
いつもはどこの現場にいらっしゃる人なのかお聴きしたかったな笑
なので、一切遠慮せずアンコール声だししました。それだけのステージだった。

140920-0002.jpg
オリジナル曲「47の素敵な街へ」
懸命な子たちが、懸命に届けてくれるからいい歌だなあって思える。
AKB本体とはあまり関わりがないからこそ、いいことと悪いことがあるとは思う。
いつまでも魅力的なパフォーマンスをする集団でいて下さい。
関連記事

変わってしまったのは、ファンの方かもしれない。

※あくまでも、私見です。
ーーーーーー

AKBの新曲、32人だそうです。
そのなかに阿弥ちゃんの姿はないそうです。

ネット上では
「どうして阿弥ちゃんがいないんだ」
というようなことばがあふれていたように感じました。
また阿弥ちゃんの鬱ブログ読むのはいやだ…みたいな

でも阿弥ちゃんが送ってきたことばは
つとめて冷静に現状を分析して
また、ファンの皆さんと歩きだそうとしているものでした。

…ムリしてるかもしれません。
ほんとうは悔しい気持ちを書き散らしたいかもしれない。
でも。
考えてみてください。
SKEばかりでなくAKBの選抜にも入るような立ち位置。
後輩の良きお手本となるべき存在になりつつあるというのに、
いつまでも熱狂的な少数のファンだけが支えるような構図では限界。

阿弥ちゃんは良いところはそのままに
より良く変わっていかなくてはならないし、そうなろうとしてると思います

あれはAKBの選抜です。
柴田阿弥さんはSKEです。
基本的に若い、お気に入りのメンバーが選ばれるから
がんばってがんばってがんばって、それでもSKE選抜すら届かなかった。


今、かつてないほどに風が吹いています
その中で浮き足立って有頂天になり得意気になって天狗になって…
しまわないように、必死につとめて冷静に、謙虚さを失うことないように
阿弥ちゃんはしているのではないかなと思うのですが。
それでもさすがに、得意気になってしまっている面もある気がするけれど

AKB選抜にどうして阿弥ちゃんが選ばれないんだ
…ファンのほうが冷静さも、謙虚さも失ってはいないだろうか。
阿弥ちゃんさえよければそれでいいのかな?そうじゃない
劇場公演でも、他メンバーの生誕祭で度が過ぎる阿弥ちゃんコールだとか
ファンが多い、声援が大きいといっても節度が無いのでは?
応援が過ぎて、厄介にはなっていないだろうか


いま
根っこは変わらずに、よりよく変わろうとしている阿弥ちゃん。
良いところはそのままにいてほしいと見守っているべきファンが
冷静さを欠いて、見失ってはいけないと思います。

ーーーーーー

あした
実に1年ぶりに握手会に行きます。
お会いするみなさん、よろしくお願いします。
関連記事

1年ぶりの握手。まだ想いはのこってる

去年の9/23ぶりとなる握手でした
丸一年ぶりです

柴田阿弥さんが各部3枚づつと
当日券をはじめて3枚持っていたので、
今まで行ったことのないメンバー3人に1枚づつ
阿弥ちゃん推しTシャツのまま行ってきました。

途中でココロ折れそうにもなったけれど
いろんなアドバイスや声援をもらいながらラスト2枚でやっと気持ち上がりました。

想いがなければ
こんな応援ブログを3年近くもやっていたりしないんです。
握手のあと、涙が止まらなかった
いま、いろいろなことが起こりすぎて不安になりがち
阿弥ちゃんの対応も、変わってきているような気がしました。
レーンから出てきたお試しと思われるファンが満足していないようなシーンも見てしまったし

気持ち落ちてても笑顔!笑顔!
途中までは浮かない顔や渋い顔で握手に行ってたのかも。
それじゃあいい反応が返ってくるわけもなくて。お久しぶりの人だし。
阿弥ちゃんがすきだよ、って顔に書いたみたいに行けば、気持ち返してくれるはず

会場で、帰り道でたくさんのファンの皆さんに絡ませていただきました。
ありがとうございました!

関連記事

9/23 前しか向かねえ大握手会 柴田阿弥2~7部 ダイジェスト

一年ぶり、丸一年ぶりとなる握手会でした。
2、3、5、6、7部、それぞれ3枚ずつ。
一年前は18枚だしとかしてましたが、次くるのにここまで時間がかかりました。

土日休みが取りにくい仕事だし
そもそも、握手したい!っって強く思うまで握手券って取れないんです。
そして、握手まで何ヶ月も先だし…

このところ、阿弥ちゃんの握手が少し変わってしまっているというような
話をいくつか聴いていました。いろんなことが起こりすぎていて
変化に戸惑い、耐えられなくて阿弥ちゃん推しを止める方もいらっしゃったみたいで。
現場からも、阿弥ちゃんが変わってしまったという声がきこえていました

それでも、百聞は一見にしかずとも言いますから。
このタイミングで、半年以上も前に握手券を確保していた自分をほめたいですw

ーーーーーー

阿弥ちゃんの反応が、ラスト2枚までずっとよくなかった。
理由はあとで気づいた。
わざわざ阿弥ちゃんの嫌いな話題から行ったからだ…
懐かしい阿弥ちゃん推しTシャツで行きました。

2部
「久しぶり~1年ぶりにきたよ」
『久しぶり。どうして来られなかったの?』
「いやまあ、他のアイドルさんとかいろいろ…」
『そういうのイヤだよ。ちゃんと来てくれないとおこだよ。』

このあと、
ずっと劇場入れなかったけどこの一年で阿弥ちゃんに劇場で会えたよ

3部では
やっぱり公演は劇場で生で見ることが一番だね。
6部では
「大好き」で目線くれてありがとう
バレンタイン公演のチョコの奴隷はボロ泣きしちゃった
7部あたまは
ボートピアイベントのこと


話してみるけど、つれない、冷たい、あしらわれる。
もうガックリ来てしまって
握手レーンに入っていくだけで泣きそうになった。

…阿弥ちゃんは推してる方がほかの子に目移りするような話しを嫌います。
もう、そういうの大っきらいですo(`ω´*)o
1年ぶりの握手では、どうしてもよそいきの対応になることだって
それは仕方のないことだけど、嫌いなことまで言い出すんだから
ある意味塩対応してください!って突入したわけで、自分のせい。

さらに、4部では
「なんだかやさしいウソが増えてきたね…」
『どういうことですか?』
「まさか、おかあさんとのエピソードまでウソだったなんて」
『ええっ』
『あれは台本ですよ?分かってくれてないんだ…しょっく。』

ループして
「分かってあげられてなくてごめん」
「でも、ママとのことはブログとかでいちばん書いてきたキモのところだから」
『はーい、ありがとうございます』

不機嫌にさせたのはこっちの方だ。けど、あまりにも…



まわりの皆さんはどうだったかというと
以前名古屋と関東で開催した「SKE初心者の会」オフ会にも参加くださった方
何十枚も握手券持っていたけど、終始ニコニコしながら
阿弥ちゃんとの時間を楽しんでいらっしゃる。うらやましい。

一方で、おそらくお試しと思われる方が阿弥ちゃんとの握手のあと
明らかに満足できなかったような反応で去っていくのも見ました

わかんないです。嫌がるような話しを投げつけたのかもしれません。
でも、応援している人のところから
不満そうに去っていく人の姿はやはり見たくないものです…

あと、いくら『あれは台本ですよ』と言われても
ママとのことばかり数限りなくブログに書いてきた阿弥ちゃんです
影響力の強いバラエティーでママとのことはウソでしたと言われたら
「ぜんぶウソだったんだ…」って思い込まれてもおかしくないし
そもそも何がほんとで何がウソなのかもはやまったくわからない。
そもそも、アイドルってものはやさしいウソをたくさんついて成り立っています
そんなウソよりも、見せてくれる姿が最高に素敵だから応援したくなるんだ

…そこに疑問符が浮かんでしまったら、揺らぐよね。



ほんと、もう泣きそうでした。
でも、レーンから出てきたときに言われたんです。
「そんな浮かない顔で行って反応いいわけ無い。もっと笑顔で!」
たしかに
終始ニコニコしながら握手している先ほどの方なんか
こんな顔したまま阿弥ちゃんのところにも行くんだろうなってわかる
阿弥ちゃんだいすきだよ!って顔に書いてあるみたい。
どうやって終わろうかと考えていたけれど、
「そうじゃないでしょ。どうやって次につなげるか考えたほうがいい」
ファンのみなさまから、温かい言葉をたくさんたくさんいただきました。



せいいっぱい、がんばった。笑顔で。ラスト2枚。

1枚
「結局のところ、阿弥ちゃんはイカとウインナー、どっちがすきなの?」
『うーん、いまは、ウインナーです☆』

ああ。
やっとやっと、かつての握手で感じたのと同じ阿弥ちゃんがかえってきた。
しかも、ココイチのトッピングは《ソーセージ》なのですが…しっぱい
瞬間でウインナーに合わせてくれる。瞬時に機転を利かせてくれる地頭の良さこそ阿弥ちゃん。
やっと、帰りのレーンで笑顔になれました。
あの阿弥ちゃんだから、ずっと推してきたんだから。

ラスト1枚
「きょうはこれで終わり。次の握手券はもう取っていないんだけど、
 また握手をしたくてたまらなくなるような阿弥ちゃんの成長を楽しみにしてます」
『ありがとう。』


きっと、
これが今のところ、さいごの阿弥ちゃんとの握手レポとなります。
今までありがとうと言って終わりにするのかとも思ったけれど
握手券は取っていないという事実と、次や未来につなげることばで締めました。

レーンを出て。
悔しさなのか、やり切った感なのか、わからないけれど涙がもう止まらなくて。
それだけの想いをもって3年見つめてきました。
まわりにいらした皆さんに比べたら
握手にお金をたくさん使うような人ではありませんでした。
それでも、想いは同じだったと思っています
応援ブログというのは、綴ることで自分の中の想いを深めていくようなものです。
握手もあんまり行かない
公演まったく当たらない
コメントもほとんどしない
この場所で綴ってきた、これがわたしの応援スタイルでした。


きみのこと、すきだった ありがとう阿弥ちゃん。
関連記事