2014年08月 の記事一覧

TIFからの美浜無券参戦!

会社の仲間たちと
2年連続で海合宿きゃっきゃはしゃいできました。
まさかのスマホを忘れてしまったので写真ありませんが最高過ぎた。

きょうあしたはアイドル充!
東京アイドルフェスティバルで応援しているAnge☆Reveに全力投球のあと、
今年も干された美浜海遊祭に無券参戦します。

去年の美浜無券参戦、最高でした。
無券なのにキセキが起きたし、なによりも
劇場公演に匹敵するような満足感を、たくさんの人と共有できる。
大金払ってドームなんか行くより、野外のほうがいいですって。

去年もたくさんの出会いがありましたが
今年は無券参戦勢増えそうです。
今年もSKEでたくさんの人と会えると思うと楽しみで…
ご希望の方にはTIFで仕入れたあんじゅれCD差し上げますよろしく←
関連記事

美浜海遊祭2014 心はSKEに、阿弥ちゃんに

夜行で朝名古屋
そのままいつもの羽豆岬
あんみ推しさんと話盛り上がった
美浜海遊祭は2年連続の無券参戦
去年もお昼ごろ行ったけど堤防に3、4人しかいなかったのに
ことしは早朝から場所取りした猛者もかなりいたようで、わんさか
ブログ始めた頃は独りぼっちでしたが
堤防上で複数のグループと話せるようになりました。
お会いできなかった方も何人もいらっしゃって、ごめんなさい

あらかた入場の終わったっぽい下手後方から声援を送りました。
ペンライト使うかなあとまで思っていたのに、がっつり振りました。

やっぱり、阿弥ちゃんのパフォーマンスがわたしは好きで
そのステージを見るだけで、何度も泣いてしまった
ステージを見ることで、
諦めようとしていた冷えきった気持ちが温まっていくのがわかった


やっぱり阿弥ちゃんだなあ。
まだファンを続けていていいんだ、続けられるんだ。
そうやって素直に思えました

関連記事

美浜海遊祭2014SKE野外ライブセットリストと感想

美浜海遊祭2014 SPECIAL LIVE SHOW セットリスト
2014年8月4日 開演17:30

影アナ:熊崎晴香

M-0 Overture
M-1 ごめんね、SUMMER【歌唱メンバー】ALL
M-2 パレオはエメラルド【歌唱メンバー】ALL
M-3 アイシテラブル!【歌唱メンバー】ALL

MC チームS

M-4 兆し【歌唱メンバー】チームKⅡ
M-5 ウイニングボール【歌唱メンバー】チームKⅡ
M-6 恋の傾向と対策【歌唱メンバー】チームE
M-7 チャイムはラブソング【歌唱メンバー】チームE
M-8 アンテナ【歌唱メンバー】チームS
M-9 ピノキオ軍【歌唱メンバー】チームS

MC 大場美奈 木下有希子

 真夏の水着ファッションショー
  梅本まどか、柴田阿弥
  阿比留李帆、石田安奈、加藤智子
  佐藤すみれ、惣田紗莉渚
  二村春香           が水着で登場。

  松村香織がスクール水着で登場。
 
M-10 花火は終わらない【歌唱メンバー】研究生/犬塚あさな、野口由芽、青木詩織、井田玲音名、荻野利沙、鎌田菜月、佐々木柚香、竹内彩姫、松村香織、山田樹奈
M-11 放課後レース【歌唱メンバー】チームS
M-12 バナナ革命【歌唱メンバー】チームE
70e1f73a.jpg

M-13 サヨナラ 昨日の自分【歌唱メンバー】チームKⅡ

MC 矢方美紀 中西優香 加藤るみ 市野成美 小石公美子 内山命 山田みずほ
   ”くみなる”盛大にスベる。

M-14 不器用太陽【歌唱メンバー】選抜メンバー浴衣で歌唱/東李苑、大矢真那、北川綾巴、二村春香、松井珠理奈、宮澤佐江、渡辺美優紀、大場美奈、高柳明音、古川愛李、古畑奈和、山田菜々、岩永亞美、梅本まどか、木本花音、熊崎晴香、佐藤すみれ、柴田阿弥、須田亜香里、松井玲奈
adb2016f.jpg


MC 松井玲奈 柴田阿弥 渡辺美優紀 谷真理佳 田中菜津美 山田菜々 宮澤佐江
   HKT、NMBからの移籍、兼任話が中心

M-15 強き者よ【歌唱メンバー】大矢真那、佐藤実絵子、中西優香、二村春香、荒井優希、内山命、加藤智子、高木由麻奈、古川愛李、水埜帆乃香、山田みずほ、磯原杏華、市野成美、小林亜実、酒井萌衣、山田澪花
M-16 少女は真夏に何をする?【歌唱メンバー】後藤理沙子、佐藤実絵子、中西優香、矢方美紀、阿比留李帆、石田安奈、内山命、江籠裕奈、木下有希子、日高優月、磯原杏華、梅本まどか、加藤るみ、斉藤真木子、須田亜香里
M-17 美しい稲妻【歌唱メンバー】東李苑、田中菜津美、都築里佳、宮澤佐江、大場美奈、古畑奈和、山下ゆかり、市野成美、岩永亞美、木本花音、小林亜実、酒井萌衣、佐藤すみれ、柴田阿弥、髙寺沙菜、山田澪花
M-18 片想いFinally【歌唱メンバー】宮前杏実、阿比留李帆、江籠裕奈、大場美奈、加藤智子、北野瑠華、木下有希子、惣田紗莉渚、高木由麻奈、高柳明音、日高優月、古畑奈和、山田みずほ、松井玲奈

MC 古川愛李 高柳明音 須田亜香里 大矢真那 山下ゆかり 大場美奈 酒井萌衣 江籠裕奈
   水着に選ばれなかったものたち

M-19 手をつなぎながら【歌唱メンバー】後藤理沙子、佐藤実絵子、松井珠理奈、宮前杏実、石田安奈、内山命、市野成美、梅本まどか、木本花音、小石公美子、小林亜実、佐藤すみれ、柴田阿弥、谷真理佳、福士奈央
M-20 オキドキ【歌唱メンバー】北川綾巴、佐藤実絵子、都築里佳、中西優香、二村春香、松井珠理奈、松本慈子、宮澤佐江、宮前杏実、山内鈴蘭、北野瑠華、神門沙樹、古畑奈和、磯原杏華、加藤るみ、斉藤真木子
M-21 キスだって左利き【歌唱メンバー】東李苑、田中菜津美、松本慈子、矢方美紀、山内鈴蘭、北野瑠華、高柳明音、水埜帆乃香、山下ゆかり、岩永亞美、加藤るみ、酒井萌衣、佐藤すみれ、柴田阿弥、谷真理佳、松井玲奈
M-22 チョコの奴隷【歌唱メンバー】大矢真那、北川綾巴、後藤理沙子、佐藤実絵子、二村春香、宮澤佐江、宮前杏実、矢方美紀、山内鈴蘭、石田安奈、江籠裕奈、高木由麻奈、古川愛李、山田みずほ、岩永亞美、須田亜香里
M-23 バンザイVenus【歌唱メンバー】大矢真那、北川綾巴、田中菜津美、阿比留李帆、大場美奈、木下有希子、髙塚夏生、高柳明音、古川愛李、梅本まどか、木本花音、小林亜実、酒井萌衣、柴田阿弥、須田亜香里
M-24 賛成カワイイ!【歌唱メンバー】ALL
M-25 未来とは?【歌唱メンバー】ALL


アンコールはSKE48コール

EN-1 羽豆岬【歌唱メンバー】ALL
EN-2 1!2!3!4! ヨロシク!【歌唱メンバー】ALL
EN-3 SKE48【歌唱メンバー】ALL

MC コメント:宮澤佐江
   感想:木本花音 古畑奈和 東李苑 磯原杏華

SKE48劇場支配人 今村悦朗が登場
昇格発表 犬塚あさな、野口由芽が研究生からチームSへ昇格

EN-4 仲間の歌【歌唱メンバー】ALL

20:02 終演
ーーーーーー


感想。

2年連続で無券参戦。下手後方の入場口付近から観戦
ぎりぎりメンバーが分かるくらいの距離で、双眼鏡併用しつつ見ていました。

影アナが、くまちゃん!推されまくってますね…
アンチが沸かなければいいなと思っています。
怪我前のパフォーマンスならみんな黙るから、早くコンディションよくなってほしいものです。

ごめんね、SUMMER パレオはエメラルド アイシテラブル!
頭3曲の夏曲攻撃、爽快です。一気に野外のボルテージがあがります

チーム曲。…チームE。
チャイムはラブソングで、阿弥ちゃんを見つめていたら不意に涙が溢れて。
ライブの前は、ペンライト振る気になるかも分からなかった。
もうドームコンサートに行く気もなくて、劇場公演もあんまりなくて。
気持ちをどう留めておけばいいかもわからなくなってた。

でも。
距離は遠くても、ずっと見つめてきた阿弥ちゃんのパフォーマンスを見れば。
あのパフォーマンスに、その懸命さに惹かれ続けてここまできたんだから。
やっぱりSKEが好きだから美浜に来てしまった
やっぱり柴田阿弥さんが好きだから、涙が止まらない。

去年はまわりの沸き返り具合にかえって冷静に見ていた水着ショーでしたが…
誰が出てくるのかな…双眼鏡で見ていたら。

しばたさん。

沸かずにはおれません。
柴田阿弥さんの健康的な太ももとふくらはぎに釘付けです。

幸運にもAブロックで見ていた方が言ってました。
「びっくりした。…阿弥ちゃんのは、揺れてた。」
しばたさんはがんばってお胸を寄せてる気がしているんですが、揺れるのか。…そうか。
まあ、寄せる分だけあるんだもんね!うん


うめちゃんとか、騒然となったたかまさんとか、見事な美脚でしたね。
惣田さんの健康的な水着姿がいちばんサプライズ感あったかも。
はるたむが完全にボスになってて、すげえなと。
かおたんのスクール水着、そもそもスタイルがアカンかったと思います…

研究生の、花火は終わらない。
アップカミング公演でやっているんだから、ワンハーフでなくフルで見せてほしかったなと。
そして、チームSの放課後レース。
MVが推されメンバーばかりで激しく不快になりましたが、曲はなんだかとてもいいんだよなあ…

不器用太陽。選抜メンバー浴衣での登場、粋な趣向でしたね。
大矢真那さんの浴衣姿、やはりよかったです。熊崎晴香さんの浴衣姿が初々しくて追ってしまったな。
…柴田阿弥さんは、
慣れないシチュエーションとか、そういうもので若干のとまどいを感じました。
重ねるほどにうまくなっていくのが阿弥ちゃんなので、そんなところもらしいなあと感じて。
後ろ姿には、ずっと釘付けで
浴衣の後ろ姿が見とれるとか、やはり柴田阿弥はホンモノだなあとか思わされました。

キスだって左利きの阿弥ちゃんを見ていたら、また涙が止まらなくて。
どうやっても選抜に届かなかったあのころ。
チームEバージョンの劇場限定のステージに悔しさと精いっぱいの輝きを感じて
あの頃見ていた阿弥ちゃんの動きを、今また目にしてしまうと
いろんな気持ちがあっという間によみがえってきてたまらなくさせる。
続くチョコの奴隷、阿弥ちゃんはハケてしまったけれど
さいたまスーパーアリーナとかバレンタイン公演での誰より躍動する阿弥ちゃんの姿を思い出して、
それから選抜なりたてで思いもひとしおであろうつうちゃんを見ていたらまた泣けた。

去年はぐだぐだなアンコールだったけど
ことしは頭からSKEコールでまとまりホッとした。
アンコール始まり羽豆岬をみんなで、とかいいもんだなあと思えた。
SKE48の間奏のとき、最近はワンハーフでも「SKE48!」を叫べるようにしていることには好感。
…ってか、曲数少なくてもいいからわたしはフル尺でやってほしいのだけど。

支配人登場。全国ツアー発表とかどうせ期待していなかった
昇格発表。ゆめち。おめでとう そして、もうひとり
6期生がもうひとりだと、正直思っていましたが。 …犬塚あさな。

声をあげてぼろぼろ泣いてしまった。
阿弥ちゃんとおんなじ4期生、最後の昇格。
あのときチームEになれなかった。阿弥ちゃんはぎりぎりでチームEに入った。
あのとき、もしも…
わんちゃんのがんばりとか、みんな充分すぎるほどに知っていて
それでも推しにはつながっていかないもどかしさが痛くて。
諦めなかったから、少しずつパフォーマンスも磨かれて研究生に欠かせない存在になって。
実は、劇場公演のハイタッチやお見送りで
わたしがいちばん言葉を交わしているのは犬塚あさなさんです。
手汗ネタでキャッチボールしたこともあるし、E手つな初日にも声かけしたし。なんでかな?
チームS公演に行こうかなと思える理由ができたような気がします。

仲間の歌大声で歌って終了。
シャトルバスの台数去年より少なかったんじゃ?大行列で乗ったの9時半でした。
ツイッターで知り合った仲間たち
堤防にあったゴミをみんなでひろっていました。
SKEが好きな、すてきな仲間の輪がまたひろがりました。…ありがとうございました。
関連記事

キャンセル待ち当選してしまった。チーム8

休みだったもので…

応募したらこうなった


2014年8月14日(木) 開演:18:30~
「PARTYが始まるよ」公演 チーム8

出演メンバー
横山結衣(青森県)・佐藤七海(岩手県)・早坂つむぎ(山形県)・佐藤朱(宮城県)・舞木香純(福島県)・岡部麟(茨城県)・本田仁美(栃木県)・清水麻璃亜(群馬県)・高橋彩音(埼玉県)・吉川七瀬(千葉県)・小栗有以(東京都)・小田えりな(神奈川県)・佐藤栞(新潟県)・左伴彩佳(山梨県)・濵咲友菜(滋賀県)・中野郁海(鳥取県)

チケット料金
一般男性 1,800円/一般女性 1,100円/小学生~高校生 1,100円/未就学児無料 (消費税込)

ーーーーーー

キャンセル待ち番号が
一般枠にしてはかなり若い60番くらいで来たし
…そもそもどう転ぶかわからないので、行ってみます。

いい機会なので、見られるといいな。
メンバーまったくわからないし、DMM中継も見てないけど
こうなったらあえて予習なしで臨んでみたいです。
入れなくても、モニター鑑賞という指定席もありますし←
関連記事

8/14チーム8公演モニター鑑賞の雑感(超絶雑バージョン)

8/14
AKB48チーム8『PARTYが始まるよ』AKB48劇場公演
【出演メンバー】
横山結衣(青森県)・佐藤七海(岩手県)・早坂つむぎ(山形県)・舞木香純(福島県)・岡部麟(茨城県)・本田仁美(栃木県)・清水麻璃亜(群馬県)・高橋彩音(埼玉県)・吉川七瀬(千葉県)・小栗有以(東京都)・小田えりな(神奈川県)・佐藤栞(新潟県)・左伴彩佳(山梨県)・山本瑠香(和歌山県)・濵咲友菜(滋賀県)・中野郁海(鳥取県)
※佐藤朱(宮城県)が休演となり、山本瑠香(和歌山県)が出演。
scan69.jpg
出演メンバー表が配られていました苦笑
しかしながら名前にふりがなとかないし、髪型違うともう別人でまったくわからん!
メモリストさんのところから拝借した総選挙ポスターのほうが
きょう見たメンバーの雰囲気により近い印象です。
140814akb48gj.png

電車が遅れてキャン待ち呼び出し間に合わずwしかしながら35番くらいで終わったらしい。
わたしのキャンセル番号は59番だったので間に合っても無理でした。
安定のモニター鑑賞wの雑感

M01 PARTYが始まるよ
M02 Dear my teacher
M03 毒リンゴを食べさせて

やっぱりね、PARTY公演は初々しい感じ満開で見る感じがいいです!

——自己紹介 MC ——夏祭りの思い出

神奈川 ステージでギター
福島 わたあめで苦笑い
鳥取 いっくみーん!
栃木 12さい! ポップコーン作れなくて残念
山形 サイン書きで会った人がほんとに握手会に来てくれて…男気少女
和歌山 近くでお話できて嬉しかった よよよよよろしくね!
山梨 大川さんが優しくて…
滋賀
東京 夏フェスの思い出 友達いつでも握手できるのに来てくれて
岩手 北川謙二さんに教えてもらいながら射的
青森 …なまってる
新潟 光る棒振ってるファンの方に握手会で清涼剤がこぼれたと言われた
埼玉 ツインテール チョコケーキ
茨城 こじはるさんとちょっとだけ話せた
群馬 羊ですか?馬です?飯野さんと生年月日同じと伝えられた
千葉 地元でたくさんの人来てくれた


M04 スカート、ひらり()
ショートカットとポニーテールの子がいい動き
M05 クラスメイト()
M06 あなたとクリスマスイブ()
SKEの円熟味溢れるステージに慣れていると、新鮮すぎ。
M07 キスはだめよ()
3人とも見ごたえがあった感じ。ツインテールの子が、いい。
M08 星の温度()
初々しさと色っぽさのアンバランスさ。

—— MC ——
M09 桜の花びらたち
M10 青空のそばにいて

—— アンコール ——
E1 AKB48
いやー、時代を感じる歌詞だなあ。
E2 スカート、ひらり
…スカートじゃねえw
E3 桜の花びらたち
—— ダブルアンコール ——
E4 AKB48チーム8スペシャルメドレー
(言い訳Maybe~ポニーテールとシュシュ~ラブラドール・レトリバー~恋する充電プリウス)
E5 47の素敵な街へ
恋する充電プリウスPV関東バージョン


覚えられなかった…メンバー。
唯一しっかり覚えたと思えるのが埼玉の子、高橋彩音さん。
目がちょっと離れているような←でもかわいかった。
自分の住んでいる小江戸川越でPV撮影しているのも好感でした。
1502714.jpg


でもチーム8って、おそらく見るたびメンバー違うと思うんですよね。
この子がいい!といって応援するよりも
チーム8全体を楽しみに行ったほうがいいのかな、そんな気がしました。
関連記事

初めて生誕当選してしまった。SKE箱推しがんばろう!

ドームなんか行きたくない。
どんな晴れ舞台であっても、豆粒みたいなメンバーを
ほとんどモニターで見るよう…モニター鑑賞と同じじゃん
しかも、メインとなるのは腑抜けたようなひとたちでしょ。
阿弥ちゃんの晴れ姿、ドームよか夏祭りみたいなとこで見たかった。

柴田阿弥さんが目ヂカラでテレビの歌番組に出るたびに話題ですね
このあいだ、もしも阿弥ちゃんがAKB48の9期になっていたら…
ということを話していた人がいたのですが。
おそらく、今の柴田阿弥さんは
SKEというチャンスがほとんどない環境だからこそそうなったのであって
環境が違えば、まったく別の戦い方をしたであろうし
今とはまったく別のファンがついたかもしれません。

それでもきっと変わらないこと。
柴田阿弥さんが諦めず、ぶれることなく努力を続けるということ。

ーーーーーー

これは見逃せない公演だ…と応募したら、当たった!

出演メンバー
磯原杏華・市野成美・岩永亞美・梅本まどか・加藤るみ・木本花音・熊崎晴香・小石公美子・小林亜実・斉藤真木子・酒井萌衣・佐藤すみれ・柴田阿弥・福士奈央・松井玲奈・山田澪花

ドームの合間。
初めての一般枠&生誕当選。
パフォーマンスは申し分なし、ネガティブさが残念な山田澪花さん
生誕を箱推しパワーで支えたいです。
2回目の新チームE「手つな」です
今回も玲奈さんがいる…申しわけない
くまちゃん復帰戦。未来を感じさせたあの躍動感を取り戻せているか?
福士奈央さん劇場で初見です。初ステージは散々でしたが
見ていると、何かきっかけで化けそうなんです。その予感が見たい
美浜でも、るみは高値安定って感じの良さでした。
めいめいこあみになるちゃん。ワクワクさせてくれます。

それでもきっと、
柴田阿弥さんが心奪ってくれることを楽しみにして。
推しTシャツは着ない阿弥ちゃん出演の劇場公演、いざ名古屋へ。
関連記事

今回は18きっぷで名古屋へ

一般枠当選とか、初めてで
今さら夜行バスとか調べても、お盆明けのタイミングで
最低5000円…ほとんど8000円!
新幹線1万円で良いんじゃないかな…って気になりそう。
美浜の時に使った18きっぷが余っているのでのんびり向かいます。
5時10分の品川始発に乗ると、11時には名駅に着くんですね。

旅先の思い出は、消えない特別な記憶。
さあ、どんな特別な思い出をきょうの劇場公演はくれるでしょうか。
関連記事

140818 SKE新チームE「手をつなぎながら」公演入場の感想(山田澪花生誕、熊崎晴香初日)

(感想は少しずつ更新。)

2014年8月18日(月) 開演:18:30~
「手をつなぎながら」公演 山田澪花生誕祭 チームE
SKE48劇場公演8回目 SKE48専用劇場4回目
生誕祭公演初入場 新チームE公演は5/2(初日)以来2回目の入場
ビンゴ抽選13巡目入場 8列目上手寄りからの感想

【出演メンバー】
磯原杏華・市野成美・岩永亞美・梅本まどか・加藤るみ・木本花音・
熊崎晴香・小石公美子・小林亜実・斉藤真木子・酒井萌衣・
佐藤すみれ・柴田阿弥・福士奈央・松井玲奈・山田澪花

不在 須田亜香里、谷真理佳、髙寺沙菜

【全体曲ポジション】 S — KⅡ — 4 — 新E初日 — 8/18

松井珠 - 向田  ― 西野  ― 松井玲
松井玲 — 高柳  ― 岡田奈 ― 木本
高井  — 松本  ― 小嶋  ― 柴田
矢神  — 石田  ― 篠崎  ― 須田  ― 加藤る
大矢  — 古川  ― 村山  ― 佐藤す
森   — 佐藤聖 ― 北澤  ― 小林
高田  — 若林  ― 岩立  ― 小石  ― 熊崎
桑原  — 斉藤  ― 相笠  ― 岩永
中西  — 山田澪 ― 梅田  ― 磯原
新海  — 井口  ― 前田  ― 加藤る ― 山田澪
山下  — 内山  ― 岡田彩 ― 斉藤
松下  — 赤枝  ― 高島  ― 谷   ― 福士
平田  — 加藤智 ― 内山奈 ― 市野
出口  — 鬼頭  ― 峯岸  ― 梅本
平松  — 小木曽 ― 橋本  ― 大脇
小野  — 佐藤実 ― 茂木  ― 酒井

【セットリスト】
■影アナ (山田澪花)

◆M00.overture
◆M01.僕らの風
◆M02.マンゴー No.2 (タイトルコール:熊崎晴香)
◆M03.手をつなぎながら
◆M04.チャイムはLOVE SONG

■MC (自己紹介)
1列目:磯原杏華・木本花音・松井玲奈・加藤るみ・市野成美
2列目:斉藤真木子・柴田阿弥・酒井萌衣・岩永亞美・熊崎晴香・梅本まどか
3列目:福士奈央・小石公美子・小林亜実・佐藤すみれ・山田澪花

◆M05.Glory days (木本花音・市野成美・加藤るみ)
(BD:山田樹奈・青木詩織・井田玲音名・鎌田菜月・佐々木柚香・荻野利沙)
◆M06.この胸のバーコード (松井玲奈・酒井萌衣・磯原杏華)
◆M07.ウィンブルドンへ連れて行って (熊崎晴香(黄)・柴田阿弥(ピンク)・岩永亞美(青))
◆M08.雨のピアニスト (梅本まどか・小林亜実・斉藤真木子)
◆M09.チョコの行方 (小石公美子・佐藤すみれ・福士奈央・山田澪花)

■MC (小石公美子・佐藤すみれ・福士奈央・山田澪花)

◆M10.Innocence (メイン歌:柴田阿弥・木本花音・岩永亞美)
◆M11.ロマンスロケット
◆M12.恋の傾向と対策

■MC
◆前半:
小林亜実・加藤るみ・佐藤すみれ・斉藤真木子・磯原杏華・岩永亞美・柴田阿弥・酒井萌衣
◆後半:
山田澪花・市野成美・熊崎晴香・梅本まどか・木本花音・小石公美子・松井玲奈・福士奈央

◆M13.大好き

--アンコール--
生誕委員の女の子による口上 「れいか」コール

◆EN01.ロープの友情
◆EN02.火曜日の夜、水曜日の朝

■2分半VTR

■山田澪花生誕祭
手紙は岩永亞美さんが読む。書いたのは水埜帆乃香さん。



◆EN03.不器用太陽
◆EN04.遠くにいても

ーーーーーー




れいかつんのポジションって固定ではないから、
歌パートのはじめかられいかコールするのはむずかしい。
コールしているうちにどんどん援軍が集まってくる感じ。
声援に気づいて澪花さんの笑顔がいっそう華やぐ。そんな瞬間がすてきです

山田澪花さんの生誕祭なので、推し感のあるTシャツは着ないで
しばたさん推しサイリウムのみのスタイルにしてみましたが、
…皆さんけっこう着て来るもんなんですね。

ずっとずっと劇場公演を干され続けた私には初体験。
まだ入れていない方もたくさんいるはずなのに
運良く2回目のチームE手つな。前回下手だったので上手を選び、
つとめて全体を楽しむことを心がけていました。
それでもいちばん好きな動きをするのが阿弥ちゃんなわけですから
どうしたってしばたさんにいちばんフォーカスしてしまう。
まわりを見ようと意識しているくらいでちょうどいいんです。

熊崎晴香さんの初日公演ということもトピックスのひとつ。
どこまで戻せているかな…?というのが見どころだったと思うのですが
初日から飛ばしてましたね!動きに表情があり、バリエーションも豊か。
一歩歩くと、もう新しい動きと表情をしているんです。
これは見ていて飽きません。初日でこれですもの。今後も楽しみです。

福士奈央さんが「くまどん」熊崎晴香さんとのコンビを
熊崎さん不在の頃から推していたのですが、やっと劇場で見られました。
どんちゃんは当初あまりに酷かったので厳しい目線で見ていましたが、
そもそもSKEが好きすぎるメンバーでもあるし
ステージを重ねるごとに動きもこなれてきて、今では好印象。
自分なりの味つけをパフォーマンスに載せはじめています。
ちょっとみんなと違うんです。
マンゴーNo.2であんなに挑戦的な表情とか見たことがありません。
そもそも異様に「どん」にこだわるとか、とても個性的な子ですよね。
自分なりのスタイルを強烈に押し出しているから合わないと違和感が強い。
セルフプロデュースがうまくなっていくと一気に人気でそうな気がします。

自己紹介では、とにかく市野成美さんが突き抜けておもしろかった
「NYC」というシャツ着た人つかまえてスゴイこと言いだした

まとめろぐっ!さんに公演MCがまとめられています
【公演MC】なるちゃん。ヤバい。キュート。

そして、ずーっと言いたかったこと。
酒井萌衣さんに「めいめい可愛いよー!」を叫ぶ。
…阿弥ちゃーん!叫んだ直後だったのですが(^_^;)
逆上がり公演のころ、都築里佳さんがめいめいにずっと言ってました。
それを劇場で聴くことは叶わなかっただけに、
いつかそれを自分でできたらと思っていたのです。
めいめいに反応してもらえた(気がした)ので、嬉しかったな。

Glory daysはずっと加藤るみさんばっかり見てました。
はじめて劇場公演に入った時から、困ったときは加藤るみさん。
落ち着くんです。手足の伸ばし方、曲げ方とか。
劇場公演のお手本がそこにあるような気がするのです。
加藤るみセンターで「あー、るみちゃんかわいい!」が言いたいです私は。

この胸のバーコードは、 玲奈さんと磯原杏華さんの
ハイレベルな戦いが見ものなのでLサイを…おぉ?
酒井萌衣さんの新しいユニットは、どうやらこの胸のバーコード!
もう、めいめいばっかり見てました。
落ちサビ前のソロパートでの表現が見事すぎてゾクゾクしました。

熊崎晴香さんのユニットは、ウィンブルドン黄色だった。
ウィンブルドンはしばたさんが安定って感じで突き抜けてないから、
ハマり役の岩永亞美さんがいい勝負をしている構図の印象。
パフォーマンスでは三つどもえの見ごたえあるステージがこれから
期待できそうだけど、熊崎晴香さんのコールって
「くまちゃん」「はるか」どっちなんだろ?…なんかどっちつかずでした。
公演の夜に更新された
黄色の代役を務めていた小石公美子さんのブログ、よかったですね。
小石ちゃんはなんだか似合わない気がしていたのですが、抜擢だったこと
出来に関して酷い言われようだったこと
自分ではほとんど言わないけれど、阿弥ちゃんが
厳しくも後輩をあたたかな眼差しで見つめ、教えていること。

この日の柴田阿弥さんは、よかったと思います。…でも突き抜けてなかった
DMMで見ている以上の新しい発見は、なかったかなあって。
「もっと推されてもよくない?…どうして」
そう考えたって、ちっとも思い上がりなんかじゃないと思う。
ファンの皆さんがいればだいじょうぶ。
そう言ってはいても、できればみんなに推されたい。もちろん運営さんにも。
ファンの負担の重さがいつまでも軽くならないという悔しさ。
ここまでやっても、光はわたしに差さないの?
…なんども思い悩み、そのたび力強く立ち上がり続けてきた。
きっとこのグループにいる限り、そうしていかないといけない。
推されることはないし、なによりついているファンはそんな姿に惹かれている。
もう少しでも推されるなら、
別のことに努力が振り向けられるのに。
それは決して手抜きなんかじゃないのに。

…わたしの他にも、コールの大きい
阿弥ちゃん推しとおぼしき方が複数いらっしゃいました。
ちょっと悪目立ちなコールをされる方がいて、気になりました。
推しの出演する公演で、いいパフォーマンスを見せてくれる。
最高にタカまる瞬間だろうとは思いますが…
主役が山田澪花さんの公演ということを考えないようなコールが気になりました
全体曲ラスト、れいかコールのあとで目立つ「阿弥ちゃぁーーんっ」
一度でなく何度も、であったからあえて苦言を書いています。
阿弥ちゃんの足を引っ張るような応援になってやしませんか?


チョコの行方でれいかコール多めで、
そのあと後半曲ではずっとれいかコール多めの雰囲気になってきました。

アンコール。
9列目上手側に座っていた生誕委員とおぼしき女の子が、
おそらく普段それほど声を張り上げたりしなさそうな華奢な子が口上。
口上のはじめはこの日初日の熊崎晴香さんのことにも触れ配慮しつつも
懸命に、推しの生誕祭成功を願う言葉に心打たれました。

生誕祭では、実は大学に行かない!というウソをついていたこと
東京の大学に実は通っているということが明かされました
染み付いてしまった勉強キャラから脱却したい。
だいすきな劇場公演でのパフォーマンスをもっと見てほしい
そんな気持ちでついた、嘘
…直後、披露された新曲「不器用太陽」
誰よりも、山田澪花さんこそが不器用太陽だ。そう感じずにおれませんでした。
関連記事