カテゴリ:しばたさん の記事一覧

160831E「手をつなぎながら」柴田阿弥劇場最終公演入場を振りかえって


2016年8月31日(水) 開演:18:00~
チームE 「手をつなぎながら」公演 柴田阿弥劇場最終公演
SKE48劇場公演14回目 SKE48専用劇場10回目
メンバー劇場最終公演初入場 現チームE公演4回目の入場
ビンゴ抽選14巡目入場 7列目下手からの感想

【出演メンバー】
井田玲音名・市野成美・鎌田菜月・木本花音・熊崎晴香・後藤楽々・斉藤真木子・酒井萌衣・佐藤すみれ・柴田阿弥・菅原茉椰・須田亜香里・髙寺沙菜・谷真理佳・福士奈央・髙畑結希

ーーーーーー

栄について、観覧車を見上げる
これで終わり、というわけではないかもだけれど
柴田阿弥さんを想ってこの場所に来ることは、おそらくもうない。


...ずいぶん記事を書かずここまで来てしまいました。

あの日
あの気持ちで
残した写真というだけで
何故だか特別に思えてくるから不思議なものです。

最終公演の記事をずるずる伸ばしていたのは、
機会を逸したことがほとんどでしたが
終わり。って
マルをつけてしまいたくないような、
そんなこそばゆい気持ちに甘えてしまったのでした。

『手をつなぎながら』公演
翌日になったら千秋楽で。
今ではすっかり『SKEフェスティバル』公演なわけで。
でも、そこに柴田阿弥さんの姿はない

最終公演まで
ちいさな身体を全開に躍動させて、
わたしを見てっ!!と
そのパフォーマンスのひとつひとつが言っているんだ
柴田阿弥さんのビームは目からだけじゃない
存在すべてで、全身から放つビームに魅了される

アイドルになりたい女の子が
SKEという場所でアイドルを極めたらこうなった

8月31日、柴田阿弥、アイドルの終わり
劇場で、何度も泣いた。
未練たらしく泣いたわけではなくて、
柴田阿弥さんと歩んだ日々を思い出すたびに涙。

お見送りのとき
ピンクのBLTシャツに
真木子と、どんちゃんが反応してくれた事嬉しかった。
懐かしいの着てくれてる。という反応を2期生レベルでできる福士奈央さんのガチ感を改めて見せつけられた。


しばたさんに感謝の気持ち伝えて、

最終公演の写真列に並んで
劇場をあとにしました。

その後当ブログのファンの方々と手羽先食べながら
しみじみ語りました。

こんな応援ブログがあったこと
柴田阿弥さんは、きっと知らないままに
でも、このブログがきっかけで阿弥ちゃんを知りました とか、
阿弥ちゃんの情報はこのブログで勉強しました とか、
そこから阿弥ちゃんの握手会に行くようになった方にもお会いしました。

SKEで柴田阿弥さんの夢叶えていく応援ブログとしてのはたらきが
少しでも出来ていたなら、それでじゅうぶんです。


すばらしい最終公演パンフレットでした。




ディスプレイにも、想いこもっていました。
実行委員のみなさん
ありがとうございます。




ーーーーーー
ーーーーーー

【あとがき】
最終記事を上げるのが、ほんとうに遅くなってしまいました。
その間にウェブ、ラジオ、テレビに大活躍
ついに、来年からは地上波レギュラーの番組出演。

こんな未来が待っているなんて、
このブログを始めたときは考えもしませんでした。
高い高い選抜の壁にもがいていた事もあったけれど、
まさか、このバスにサインがかけるとは...



記事あげるのをあと回しにして
...こうなってしまいました。

ほんとうに、私事ですが
体調をガタガタに崩して
ほとんど社会生活もままならず
なにもできない日々からやっと戻ってきました。

しばらく情報収集できなかったので
しょうじき、8期生ってなに状態で...
そもそも5、6、7期生にドラフト生も
阿弥ちゃんとの、チームとの関係なんかで知っていったわけで

もしかすると
ブラウザのブックマークからまとめろぐっ!とか消してしまったら
もう情報収集しなくなってしまうかもなんて

...でも
熱いメンバーばかりで
熱い劇場公演が栄にあって
熱いファンがたくさんいることは知っている。

柴田阿弥さんのますますの活躍と
いいかげんそろそろ、SKEも
世間に注目されるような存在になることを願って

このあたりで。
ありがとうございました。


柴田阿弥最終公演前にタワーズ献血



最終公演に向けて名古屋前乗りしてしまった

さいごの目からビームパフェかな


うーむ・・・
かつてのように
溶ける前に提供して欲しかったなあ


なつかしの記事
http://ske48shibatar.blog.fc2.com/blog-entry-982.html


でもって
公演の朝
阿弥ちゃん聖地巡礼しましょう
名駅のタワーズ20献血ルーム入り口に
柴田阿弥さんのサインが今もあります!



なつかしのアイチテル!
記事はこちら
http://ske48shibatar.blog.fc2.com/blog-entry-233.html


わたしは成分献血これからしてきます。
阿弥ちゃんを想いながらのいちにち
ゆっくりと、栄に向かいます。

卒業感謝祭が終わりました。



セットリストや感想の記事は後日あげます
整理番号2ケタ。
まさかZeppで、中央2列目で見られるとは思わなんだ
大事な時はいつもコレ、と決めている
ピンクのBLT阿弥ちゃんTシャツで参戦でした
初めて手にしたシャツなので、その初心に帰れる気がするのです。

あっという間のライブ
4期生の成長と足あとに涙し
フレッシュな研究生に目を奪われ
それでも やっぱり柴田阿弥なんだ。


ライブあと、ごはん食べに行きました

ビールとオムレツとジャーマンポテトと…

初めてお会いした方が
このブログをずっと読んでくださっていて
めちゃくちゃ感激されてしまって…
さいごまで、熱量を保つことが出来なくてごめんなさい。
ほんとうに、ブログって
コメントなどで反応いただくのはごく一部で

インターネット上に柴田阿弥を溢れさせる
柴田阿弥さんの魅力を、
公式の情報以外の視点でも知るきっかけになれば…
その目的が、少しでもできていたのかなと思うと感無量です。

ごはんのあいだ
久々にお会いした最前列でしばたさんを目撃してしまった
幸運なファンが、過去最高のハイテンション
そらそうでしょ。

応援できたこと
ありがとうが言えたこと
阿弥ちゃんに、ありったけの感謝。

柴田阿弥卒業感謝祭、キャンセル待ち当選に感謝

Cnzi4V0UIAA4aNj.jpg

柴田阿弥というアイドルが卒業する。

グループでの活動の締めくくりに、少しでも大きな舞台を
しかし、卒業コンサートとかまるでやりそうにない




だから、ファン有志が動いた。

…もしかしたら、
運営さんだって何かしら卒業イベントを考えていて
ただ発表していなかっただけかもしれない。

何かあるなら、明言せずとも匂わせそうなものだけど
きっと、それも感じられないような反応だったからこそこうなった

ーーーーーー

いくつもの壁を乗り越えて
柴田阿弥さんはここまでやってきました。

高校卒業のため、アイドル休業
ダンスも決して上手ではない、後列からのスタート

真面目な性格、丁寧な握手対応
小さい身体でも精いっぱいのパフォーマンスは、胸を打つ。

握手券が売れるようになってきた。
劇場での阿弥ちゃんコールがチームE公演では一番大きい

いつ選抜になってもおかしくない
…でも、何かが足りない。

もがく。
選抜メンバーに負けない握手券売り上げに。
センター曲「あうんのキス」が楽曲ファン投票上位に。

いつ選抜になってもおかしくない
それでも…届かない

選抜メンバーになっておかしくない握手券売り上げ
劇場公演でのコールの大きさ
どうして…どうしてそれでも届かない?

そして、「美しい稲妻」選抜メンバーの噂
そこにも、どうやら柴田阿弥の名はないようだ…失意のモバメ

立ち上がるしかなかったんだ。

選抜総選挙速報
柴田阿弥 8位。

ひっくり返すには、もうこうするしかなかった



※お詫び※
記事初出時
シングル「美しい稲妻」を
誤って別タイトルにて上げてしまいました。
訂正いたしました。ご指摘ありがとうございました。



ーーーーーー


柴田阿弥さん
本当に成長しました。

人気メンバーとなっても気持ちの入ったパフォーマンス。
見違えるほどに成長したトーク力。
初期なんか自己紹介MCがほとんど事故状態だったとか想像できないでしょ?

「アイドルになりたい女の子」のままに
謙虚に、真面目に、ひたむきに。

変わることなく続けてきた柴田阿弥さんを見つめ続けることができて
本当に良かった


ーーーーーー


卒業感謝祭。
どうやら、かなり落選が多いみたい

私も先行落選。
しかし、キャンセル待ちで当選がきました!

ここでブログを書くばかりで
握手会参加も決して多くはなく
認知とか、頂いているわけもありません。
劇場公演もハズレ続きで、逆上がり公演なんて
3分の2応募して一度も見られずじまい。生誕祭も入れてない。
それでも、後半力尽きてしまいましたが
柴田阿弥を広めるためにここで活動してきました。


確保したチケットは2枚。
想いある方が次々落選されているとのことで、声かけて行くことにしました。


今まで、阿弥ちゃんの大事な時にほとんど立ち会えていないので
またとない機会を充分に味わい尽くしたいと思います。

柴田阿弥さん、ニコニコ生放送でSKE卒業発表

久しぶりの更新が…

ーーーーーー

いつかは来てしまうこと。
始まりがあれば、終わりがある

もっともっとステキな始まりに続いていくことを、願っています。


柴田阿弥さんを知ったのは
とある当時のSKE応援ブログが、どんどん阿弥ちゃんに傾いていくのを見ていて
「いったい、どんな子なんだろう」
その頃の私
CDも買っていない
劇場なんて行ってない
イッテ恋48の二人乗り自転車企画で、柴田阿弥さんを初めて目にしました。
そして、

ブログでしばたさんに夢中になっていくのです。
今でこそMC上手いみたいに言われていますが、当時の劇場公演での自己紹介なんか
だいたいヤマなしオチなし意味なしの…言い過ぎか。
でもブログやモバメは、上手でした。

会いたい。観てみたい。
そうやって2011年9月、初めてのSKE劇場。
旧劇場、しかも立ち見3列目。苦い初劇場の思い出です

土日ほぼ休めない仕事なので握手会諦めていたけれど
2012年3月
たまたま休みが合ったから全国握手会へ
初めての握手会、なぜか大阪で
だいすきな人と握手することは、これほどまでに特別なのだと知った

…でも、遠征はおすすめです。
日常でない特別さが、忘れられない思い出になります


柴田阿弥さんをインターネット上に広めたい
そうやってこのブログは始まりました。
一時期Google先生の柴田阿弥画像検索は私がアップロードしたしゃしんばっかりだったことすらあります。

私が柴田阿弥さんを知るきっかけになった方が応援を終えるときいただいた言葉
「あの子はきっとすごいことをやってくれる。だから最後まで見届けてほしい」


すごいこと。
それから、つぎつぎと。

平凡だったであろう女の子。
今最高に輝いているけれど、
それでもアイドルになりたい女の子、というところがぶれない
だから柴田阿弥さんはいいなあって、今でも思えます。


ニコ生
いろんな話しがきけたなあ
お仕事させていただいた方に手紙出しているなんて素敵すぎて。
欲しがりだなんて、知ってます。
柴田阿弥さんの卒業後の成功はSKEだけでなく、がんばるすべてのアイドルの希望にきっとなります。

柴田阿弥さんとSKEに出会えたこと、感謝して
今夜はおやすみなさい…


姉妹グループファンがAKBのファンなんてなれやしない。

「チョコの奴隷」というSKE48の楽曲があります。
とてもいい楽曲だと思うのですが、
奴隷
というワードがなんとも拒否反応を起こしがちで、
曲もパフォーマンスも一般層にリーチできそうなのに
曲名でリーチできないという、おかしな楽曲です。



柴田阿弥さんの今までのパフォーマンスで私が特におすすめしたいのが
「チョコの奴隷」リリース前後の頃。
選抜に選ばれてもおかしくないと言われながらいっこうに呼ばれず
それでもくさることなく
劇場公演で輝く私を見て!という気持ちがつまった姿に
心動かされたファンも多かったと思います。
晴れて選抜となった今でも
あの頃の気持ちがありありと感じられる
柴田阿弥さんの「チョコの奴隷」パフォーマンスは、何度見ても涙してしまいます。

チョコの奴隷
その衝撃的な曲名を聞いて
SKEを愛する、不遇さを嘆くファンが何も思わないはずない。

…オレ達、AKBの奴隷だよなあ

「AKB」の握手会に
姉妹グループの全メンバーが強制動員。
SKE、の名前も覚えてもらえない。
『AKBのパクリでしょ』とかいつまでも言われる。
総選挙も、買うのはAKBのCD
始まりこそAKBグループとしての露出が知名度アップに繋がっていたけれど
今、果たしてそうかなあ?

AKBグループであることは、もはやマイナスでしかないような気もする。
AKBの養分として都合のいいところだけ持っていかれて、かっすかす
SKEの握手会に加えてAKBの握手会も出なきゃいけない。
半年先まで握手会に予定を押さえられて、おちおち外仕事もできやしない。

…しばたさんのファンは、AKB嫌いなんだって。


(9:45頃~)

だって、そうじゃない?と言いたいです
AKB選抜で活動すると
劇場を完全に忘れてTVサイズのパフォーマンスになってしまった
諸先輩方の悪い風にあてられて帰ってくる感じ
そんな阿弥ちゃん、観たくないもの。


柴田阿弥さん
お誕生日おめでとうございます!
総選挙に出て新たなステージが待っていたように、
総選挙に出ないことでまた新たなステージが待っているはず。
SKEも、その先も
たくさんの幸せを掴めるよう願っています。

ほぼ


今年も
選抜総選挙やるんですって。


留年してしまった大学をこんどこそ卒業するため
前期のお仕事はセーブしたい意向を伝えてあったのに

4月がまるまる潰れてしまうような舞台の主役をサプライズ発表。

大学の必修科目
1ヶ月出られなかったら、単位でない。
どうあがいても両立はできず、交代。
フツーは
両立できること予測してサプライズ発表するんでないの?

興味もない人が、見たら
「留年」とか
「舞台主役を降板」って、
おそろしくイメージ悪くないかい?

AKSには、所属アイドルへの配慮がないということだ
いざという時、大事なのはAKBというカンバンであって
メンバーなんか、いくらでも代わりはいる。はいてすてるほどいる。

そういう時、守ってくれるべきが
SKE運営であり、支配人さんじゃないのかい

「守っては、くれない。」




柴田阿弥さん「総選挙には、ほぼ出ない」

ほぼ。

気になったので調べました。


ほぼ、と言わなければいけなかった理由はきっと
おとなの事情で出馬せざるを得なくなる可能性も見越してのことだろう。
もちろん、出るメリットが生まれて気が変わる可能性だってゼロではないし。

「ほぼ出ないってニュースにしてくださいね、森本さん」
日刊スポーツの森本記者だったんですね。SKEを温かなまなざしで記事にしてくださる方。



さあ、どんな報告がくるのでしょうか。

配慮のなさに号泣した夜。


AKB49という舞台に主演予定だった柴田阿弥さん

東李苑さんに交代されることになりました。

理由は
学業優先のため。

…留年したため。


ことし1年
卒業できるかとか
そういうことはあんまり訊かないで見守っていてねと言っていた
たしか40単位とかそのくらい残していたはずなんだ

冷静に考えたって、かなり卒業できるか厳しいって思っていた



…ふざけている。AKS
こんなにも悲しいブログを、アイドルに書かせるんじゃないよ。

『柴田阿弥より皆様へ』
http://s.ameblo.jp/ske48official/entry-12139960608.html




こんな日々も乗り越えて
それでもやっぱり、柴田阿弥さんには幸せになってほしい。

この経験が柴田阿弥をさらなる高みに連れて行くと信じてる。

ガイシホールのコンサート

サプライズ。
AKB49の舞台、再演。

ミュージカル『AKB49~恋愛禁止条例~』SKE48単独公演

公演期間
2016年4月21日(木)~26日(火)

名古屋・中日劇場

キャスト
須田亜香里(SKE48) ≪浦川みのり・浦山 実≫ ※Wキャスト
柴田阿弥(SKE48) ≪浦川みのり・浦山 実≫ ※Wキャスト
江籠裕奈(SKE48) ≪吉永寛子≫※Wキャスト
惣田紗莉渚(SKE48) ≪吉永寛子≫※Wキャスト
佐藤すみれ(SKE48) ≪岡部 愛≫
大場美奈(SKE48) 木本花音(SKE48)
北野瑠華(SKE48) 福士奈央(SKE48)
大矢真那(SKE48) 松村香織(SKE48)
山内鈴蘭(SKE48) 高寺沙菜(SKE48)
谷真理佳(SKE48) 井田玲音名(SKE48)
鎌田菜月(SKE48) 松本慈子(SKE48)
太田彩夏(SKE48)



舞台、再演の発表。
いろんなメンバーに出て欲しいなって
おぉ、おめでとうって
ふんわり思いながら発表を見ていたんだけど

主演ダブルキャストと発表されて
須田亜香里と…となった瞬間

「柴田阿弥こい!」

思わずそう願っていました。…結果。



終演時、ありがとうも満足に表せないまま早々にハケてしまった
そんな阿弥ちゃん見たことない。

2年くらい前は
お芝居にもかなり興味もってたなって
でも、今はしゃべる仕事に重きを置いて
「やってみたかったけどとても私にはできないし、もう縁のない仕事」

おそらくそんな状態から、降り掛かってきた
これを乗り越えると、きっと更なる高みに行ける。

本人はまだ言葉濁しているけど、理由あってのこと
次の言葉、今はゆっくり待ちましょう。

1/31コップの中の木漏れ日仙台全国握手会 柴田阿弥さんと一年半ぶり握手ダイジェスト

一年半ぶりでした。

前回の握手会
握手のあと、いつまでも涙がとまらなかった

それで終わりでもよいと思っていたけど、
去年の後半から劇場公演での動きに改めてギアが入ったような気がして
この先卒業だからと、最後に行くだけなんて
それはさみしい

たまたま日曜日が休みになって
SKEのスケジュールを見たら、仙台で全国握手会
「行くか。」


関東圏の全国握手会でよかったのだろうけど
わざわざ遠いところまで行っての握手は
記憶に残る。

夜行バスで早朝到着
朝イチで松島観光してからミニライブ
アリーナ後方きゅうきゅうで見づらかったな

ひとりじゃなくてほっとしました
話せる皆さんがいて。のんびりと握手へ。

ーーーーーー

柴田阿弥さん 1回目

『あっ、久しぶりー、って、ほんと久しぶりじゃない?』

「うん、一年半ぶり」

『え、ぜんぜん覚えてるよ。』
『覚えてるとかすごくない?ほめてほめてっ』
『で、きょうは来てくれるの?』

「……きょうは、けっこう来るよ」
『ありがとう。待ってる』

ーーーーーー


…即ループしたくなりました←

正直、握手するまで
1回で終わりになる最悪の展開だって考えた

よかった。
ループしたくなったけど落ち着いて
ほかのメンバーにもご挨拶してから()


2回目~
ーーーーーー

きょうは阿弥ちゃんTシャツで来ようと思ったのに忘れちゃってごめんの話

ーーーーーー

「はじめのしばたさんのイメージって、『アイドルになりたい女の子』だったんだけど、今はザ・アイドルって感じになってるのすごくない?」

『イヤイヤ、そんなことはない ぜんぜんぜんぜん!ホント全然だよ』

すぐにループ

「ザ・アイドルって言われるようになったのに」
「阿弥ちゃん自身は『アイドルになりたい女の子』のままでいてくれるのが嬉しいんだよね」

(はにかんだような感じ)
『そうなの?ありがと。』

ーーーーーー


以前
熊崎晴香さんと佐藤すみれさんとのラジオで
阿弥ちゃんは『ザ・アイドル』って感じ、と2人に言われていました。
2人が阿弥ちゃんを知ったころ、すでに今のスタイルは確立されていた気がするのでそう言われてもおかしくなくて。

でも
変わっていない。
柴田阿弥さんは、アイドルになりたい女の子のまま
目指すところには近づいているかもしれないけど、まだまだ。
そうやって今でも思えているから
柴田阿弥さんは、いいんだよなあ。


5回目~
ーーーーーー

「ミニライブでさ、阿弥ちゃん見て泣いちゃったよ」
『ほんとに?うそだうそだ!私は信じないぞ』
「いや、でももう少しでたらーっと…」
『それ涙って言わないっ!ほら~やっぱり泣いてないじゃん』

ーーーーーー

きょうは握手に来てよかった風の話

ーーーーーー

「玲奈ちゃんがやめちゃうあたりから、劇場公演でのダンスのギアが1段上がったような気がするんだけど?」
『そんなことない。変えてないよ?玲奈さんの卒業は関係ないよ』
「そうか…不思議だね。そう見えるんだよね」
(納得してないように)『なんでかね?』

ーーーーーー


たしかに
うるうる来たけど、涙が溢れはしなかった
でも、そんな気持ちになるとはちょっと思わなかったので、少し盛ってしまった。…見抜かれた笑

阿弥ちゃんのダンスのギアは、はっきりと上がったように見える。
AKBの選抜あたりが絡むと、阿弥ちゃんのカメラ目線なんかはAKB超選抜様方のテレビサイズパフォーマンスに親和性が高いので、少し引っ張られてしまうのかも
ダンスの動きが止まって、カメラが抜きやすい止め絵を作ってしまうような
玲奈ちゃんが理由でなく、なにか吹っ切れたものがあったのかなと見ているわたしです



久しぶりの、まとめ出し
何度もまわって、残りはあと3枚。
ほどよいところで行こうと思ったのに、強引にレーンを閉められ慌てて入ったらだいぶ後ろ…

となりはきょんちゃんレーン。
100枚以上のひとが、幾人も
きょんちゃんのファンは、ほんとうに熱い
生誕祭での全員全力コールはほんとうに気持ちがいいし
これまでお会いしたきょんちゃんのファンの皆さんはみんな素敵
美浜ぶりにお会いした方とレーン前でちょっと懐かしい話したりして。
けっして推されることはない
そんな立ち位置から、
ファンの皆さんといっしょに階段をのぼってきた
SKEの夢も希望も、見せてくれるメンバーでした。
もっと大きな壁があって…という現実もちょっぴり感じてしまいましたが、
ファンばかりか
陽の当たらないメンバーにとっても、
きょんちゃんの存在は大きな希望だったと思うのです。

柴田阿弥さんは
もっと大きな壁と戦いつづけるひと。
一年半ぶりの握手会で
さいごの時間。
いろいろ考えていると、こみ上げてくる気持ちもありました


ーーーーーー

ほかの握手はメモを残しておいたのですが
さいごの時間だけは、残していませんでした。
気持ちが乗っかりすぎて、
伝えられたのかもあーやふやです。

これからも
真面目にがんばる、かわらない
アイドルになりたい女の子の阿弥ちゃんでいてね。

そんなようなことを
いっぱいいっぱいになりながら伝えました。

ーーーーーー


仙台が、
また忘れられない街になりました。